【FF配信の思い出2022】10作品を232日間かけて救った話をする

フルカワ

はいどうもこんにちはフルカワです。

今回の動画では、今年1年間で行ってきたFFシリーズの配信において、個人的に思い出に残った部分をまとめて今年1年を振り返ろうという超絶自己満足な動画になっております。

なのでお時間あればご覧くださいという程度の内容です(笑)

ほんとに今年は「変化」の年でした。Youtubeでも配信を始めたり、考察も昨年よりもガチってみたり、私の中ではかなり大きな変化がありました。新しいことに挑戦する時が長く感じるといいますが、あれマジですね。去年の大晦日にFF7Rの配信をやっていたなんて信じられないほどに今年は長く感じましたし、それでいてあっという間だったようにも感じます。

色々拙いことばかりでしたが、1回でも配信を見てくれた方々、ほんとにありがとうございました!

おかげさまでここまでやってこれました・・・ナンバリングだけでも8個の世界を救うことができました。スピンオフも入れるといくつになるのか、途中から考えるのを辞めるほどに多くの時間配信していたように感じます(笑)

というわけで、思い出の中でじっとしていてくれない思い出たちを再度まとめて「ぼくのおもいで」動画とさせていただきます!

FF8配信 4月8日〜4月26日

まず8は初めての配信ということもあり、かなり思い出に残っています(笑)

拙すぎて今見ると恥ずかしくなるほどですが、一番思い出深い作品です。今だから言えることですが、8の配信を開始した4月8日の午前中にコロナ陽性になり、声が変だったのですみませんでした(笑)めっちゃ鼻声できもいのでアーカイブは見なくて大丈夫です。

そして色々と思い出がある中で強く記憶に残っているのはやはりボス戦かな〜と思います。

ディアボロス戦

出陣前に学園長からもらった「魔法のランプ」という危険極まりないランプを手にして、軍団員からは「使え!」と言われたこともありいざ使ってみるとディアボロスという凶悪なモンスターが出現しました。まあ、なんとなく予想はしていたけどね(笑)

魔力低すぎて全然ドローできなくて詰みかけたのはいい思い出です(笑)

この辺りからいい意味で理不尽なゲームシステムを理解し始めたような気がしています。あ、あとセルフィーが可愛かった。

アルテマウェポン戦

次に強い記憶として、アルテマウェポン戦です。

海洋遺跡の奥深くまで敵を滅ぼしながら進んだ結果、この辺りでスコールのレベルが99になり「これもう敵いないんじゃね?」とか思っていたらその分敵も強くなってしまいました。エデンをドローできるのは聞いてたんだけどもリヒト・ゾイレのせいで全くドローする隙がなくて辛かったんですが、頑張った結果なんとかエデンを入手した上で、作中初めてエンドオブハートを出して倒すという最強にかっこいい終わりを迎えたのもいい思い出です。もはや懐かしいですね(笑)

あと、リノアが可愛かった。

そしてこの辺りから「8極めたわ」という全能感を持ち始め、高レベルになったことでサクサク進んでいった結果、またしてもやばい強敵にぶち当たりました。

オメガウェポン戦

アルティミシア城にて、立ちふさがる雑魚たちを滅ぼしながら進んでいくと、教会的なマップに謎の暗闇がかかっていました。なんやろね?と思っていたんですが、軍団員から鐘を鳴らして発動するタイマーが作動している間に何かが起こるよと言われ、そんなん絶対無理やんwと思っていた所、先程の暗闇の場所に奴がいました。オメガウェポンです。

まあ他の雑魚と同じやろwと舐めてかかった結果、瞬殺されました。リヒト・ゾイレやらテラブレイクやらで「これ勝つの無理じゃね?」という疑念が生じ始めたけど、それでも頑張りました。

  • バハムートのカードからラストエリクサー100個生成
  • 「ぼうぎょ」コマンドで一人は絶対生存させとく
  • トリプル、ヘイスト、オーラ常にかけとく

他にも色々やった気がするけど、それらは思い出の中でじっとしているみたいですね。配信中に2時間以上かけ、なんとか滅ぼすことに成功し、配信中に堂々一服したのもいい思い出。あのメンソールの味は忘れないよ。

他にもガルバディア収容所のおっさんからロゼッタストーン取得するのに3時間かけたとか、ガルバディアガーデンからの襲撃されている間の謎のミニゲームとか、エスタのミニゲームが理不尽すぎるとか、まませんせいに貴重なカード全部もってかれたとか、グリーヴァの名前を「フルカワ」にすべきだったとか、色々あるけど、とりあえずこのベスト3にさせてもらいました!

そして8の配信中、バラムガーデンが初めて空を飛んだ辺りでエロ怖の話をしたことにより、自分の中で何かが弾けて今のキャラが出来上がったというか、素を出し始めた感じがありますね(笑)とにかくセルフィーとリノアが可愛かった。

FF9配信 5月3日〜5月22日

そして次に9。これも初見でプレイしました。

まず頭に浮かぶのはクジャです(笑)主に脱毛の話をしていたような気がしますが、未だ脱毛は完了していません。9のアーカイブも今見るとまだまだ完全に素を出せていないように感じますが、8の頃に比べると肩の力が抜けている気がします。

この辺りから雑談が増え、いわゆる「クソ回」の頻度が高まったような気がします。同時に自分のチャンネルを「知的でインテリジェントで教育的チャンネル」と言い始め、現在に至るまでのコンセプトが完成しました。そして記憶に残っている部分はこれらの3つ。

  • クジャのVIO
  • オズマ戦
  • 裏コード失敗説浮上

クジャのVIO

クジャのVIOについて、別に作中でVIOやってる的な内容が描写があったわけではないですが、なんとなくそういうノリです。主にその話をしていた気がしますが、そのせいでしょうか。クソ回をした日には登録者が大幅に減るということを理解し、それ以降はある程度良識を心がけた配信をするようになりました。不快な思いをさせた方々、大変申し訳ございませんでした・・・

オズマ戦

次に裏ボスのオズマ。この辺から「ラスボス倒す前に裏ボス倒すわ」的な流れが完成したような気がしています。そして大体裏ボスを倒すのは日曜日の6時間配信の中でブリュードッグのパンクIPAを飲みながらだよ、という自分ルールも完成しました。

オズマはHPが55535であり、8のオメガウェポンが116万なのに比べるとかなり少なく「瞬殺じゃね?」と思ったのが間違いでした。あの不愉快なマルマインはありえないほどに行動が早く、内部的に一瞬でATBが溜まっているらしく、こちらが行動を選択しているうちにもう行動してくるとんでもないやつでした。

こいつを倒すためにジタンで盗みまくってとうぞくのあかしのダメージを上げたり、カエルおとしのダメージを上げまくったり、カーズの状態異常が来ないことを願い、闇属性のメテオに対しては属性を考えてほぼ無効化したり・・・色々と対策をねってぶっつけ本番でなんとか撃破することに成功しました。

非常に厄介でしたが、倒した今となってはいい思い出ですね。割とがっつり対策したので、脳筋で倒せない相手がいるとこの辺りから理解し始めました。

裏コード失敗疑惑

そして最後に、ゲームクリア後のムービーが終了し「FIN」の文字が出ている間に「裏コードを入力するといいよ!」と言われたので、ググって出てきた裏コードをそのまま入力した結果、なんとOP画面に戻ってしまいました。「あれ、裏コード失敗したんじゃね?」みたいな空気になり、坊主確定かと思いましたが、よく見るとブラックジャックのアイコンが出現していました。

裏コードは無事成功しており、ツーブロック続行が確定したまま、ルールを知らないブラックジャックに挑戦し、負けまくったところでひとまず9は終了となりました。

9の頃にはもう今のフルカワ像が完成していたかなと思います。脱毛の話を主にしていたような思い出が強く、個人的には楽しかったんですが、配信中の雑談が増えすぎるのはいけないな、と思いました(笑)

FF10配信 5月24日〜6月12日

そしてFF10、これ5月だったんだな〜と思うと信じられないほど昔に感じます(笑)おとわっかが流行っていたのもちょうどこの頃でした(笑)

よく配信が終わってから松屋のプーパッポンカレーを食べに行ったもんです。懐かしい(笑)ルカゴワーズに負けてガチで落ち込んだのも今となってはいい思い出・・・なのかしら(笑)とりあえずビクスンのテクノカットは今でも腹立たしいので、次見たら生え際から引っこ抜きたいと思ってます。

そして10の感想はなんと言ってもサブクエがいかつかった!(笑)

配信中にはとても終わらないと判断して、宿題として残してしまった内容もあるので、そこも含めて思い出を紹介しましょう。

名誉会長誕生の瞬間

シーモア戦の直前、鉄騎63号が割と固く、倒すのめんどくさいなとか思っていた所、やたらとワッカさんが良いダメージ出してたんですよね。その時の映像がこちら。

 

この功績を讃えてワッカさんが名誉会長にご就任あそばされたことも記憶に新しいです。

奇跡のシーモア戦

その直後、シーモア戦がありました。この時には幻光異体の自動回復のせいでユウナ一人になり、さらにMPも尽きてしまい、何をやっても大したダメージにはならずに自動回復量を上回ることができず、ここで終わりか・・・と諦めかけたその時のこと。

苦し紛れにシーモアが打ってくるフレアをひたすら反射していたのですが、なんかよくわからないけどシーモアが死亡しました(笑)なんかわかんないけどもすごく嬉しかったです(語彙死亡)

信ずれば通ず、諦めなければ結果はついてくるということですね。まあ完全に諦めてたけど、正直(笑)

サブクエ地獄

そして10といえば、やはりサブクエの多さ、鬼畜さが記憶に残っています。初めて宿題を残してしまったレベルで多かった気がします。やりこみが鬼畜化したのは10からだと今ならばはっきり分かります。フルカワが達成できたやりこみがこちら。

  • すべてを超えしものと会戦
  • 全員分七曜の武器入手

そして残念ながら配信中に未達成で宿題となってしまったやりこみがこちらです。

  • すべてを超えしものを倒す
  • 全員分七曜の武器を最大強化(雷避けのみ未達)
  • ダーク召喚獣も撃破
  • デア・リヒター撃破
  • 全員HP99999

はいめっちゃ残ってるというなんたる苦行。これも来年全てのシリーズの配信が終わった後に再度行わなければならない宿題なので、しっかり覚えています。やんなかったら坊主なのでしっかり宿題をこなしていこうと思います!

これ以外にもルカゴワーズに負けてしまってガチ無念だったり、全てを超えしもの戦(敗北)だったり、とれとれチョコボの操作性の悪さだったり、まだまだありますが、ひとまずはこれくらいにしておきましょう。10に関しては「ガガゼト山の祈り子郡破壊したらどうなるか」などの思考実験やシンについての考察動画など、まだまだ作る予定なのでまた来年をお待ち下さい(笑)

FF7原作配信 6月28日〜7月14日

そしてフルカワの原点でもあるFF7原作も配信やってました。

これまでにも多くのナンバリングをやってきたのですが、8,9,10と初見だったこともあり、7原作は一気にホーム感があったことを覚えています。逆に多くの縛りを設けていたのですが、回を重ねるごとに縛りを無くしていったのはいい思い出です。

次回やることがあれば○○アップ系の使用禁止、そしてそせいマテリアなしで挑もうと思います。

それでは我が青春のFF7の印象的なシーンがこちら・・・

Palmer↑さん

以前から「イントネーションがおかしい」と言われてまして、エアリスさん・セフィロスさん・そしてパルマーさんなど、地元のマジやべえ先輩的なイントネーションになっていたらしいです。特に意識してなかったのですが、割とこの辺の話は楽しかったな〜と思っています。

ニブル山を超えてロケット村でパルマーさんとラードPartyしたのはいい思い出です。

ちなみにこの日、昼間はフルカワ仕事があったんですが、このパーティのために休憩中でもないんだけどすっと立ち上がって、無言でドンキに向かい、コロナビールを購入して、袋をもらい忘れたので直接手に持って無言でデスクに戻ってきた事も思い出しました。仕事なめてますね完全に(笑)

チャンいくら誕生

次に7のサブクエといえば、海チョコボの育成です。

適性なレベルのチョコボを集めてゴールドソーサーで育成して、正しい実をあげてカップリングしてリセマラ・・・という苦行も大変なんですが、それ以上にチョコボの名前を決めるのに苦労しました。やはり子供にとって名前は一生モノですから、どこにいっても恥ずかしくない名前をつけないといけないですから。

そんなわけでチョコボには以下の名前をつけました。

  • はまじ
  • タイコさん
  • ともぞう
  • まえださん
  • タラオ
  • ほりかわくん

そしてサイコほりかわとまえださんをカップリングしてついに海チョコボ:チャンいくらが誕生しました。ほんとはチャン・いくらにしたかったんだけども7文字しか入らなかったのが悔やまれています。

どの子も可愛い子だったので名前をつけるのが苦労しましたね(笑)日曜6時感の強いネーミングでしたが、なぜこの名前にしたのか全く記憶にありません。ノリですね完全に。今でも思うんだけど「トモゾウハイク」ってネーミングよくないスカ?(笑)

ルビーウェポン

そして7原作といえば、ちょいちょいバグが有りました。

戦闘中や街でBGMがなくなってしまったり、ウータイのアプス戦で無音になってしまい、盛り上がらずに地味に倒したのもいらおこでしたが、それ以上にとんでもないバグが存在していました。それこそがこちら、もう見てもらったほうが早いです(笑)

全員初期装備でルビーウェポンに挑むという企画中、なんとかかんとか倒すことができたのですが問題はその後。撃破音とともにルビーさんが赤く光り、その後ファンファーレが聞こえてくると思ったんですが、敵がいないのに何故か戦闘が終わらず、延々とティファが拳を構えるというシュールなバグが発生しました。

なんとか????を発動しても何も起こらなかったので、渋々逃げてみました。するとあの砂漠にはすでにルビーさんはおらず、普通にザコ敵と戦闘してみても、コレルに入ってマップを切り替えてみてもルビーさんは現れませんでした。というわけでスッキリしない感じで撃破となりました。しかもデザートローズはくれないという最悪のバグが起こってしまいましたが、再度戦う気力がなかったので一応「勝った」とさせてください(笑)

FF7リメイク配信 7月15日〜7月25日 IG27日〜8月1日

配信で再生回数が500超えたのはこれが初、やはりみんな大好きFF7リメイクです。

個人的にも最も好きな作品ですし、7のおかげで今のフルカワがあるといっても過言ではない大好きなナンバリングです。個人的にかなり思い入れの強い作品です。そして配信をしていく中で印象に残っているシーンをご紹介しましょう。

パイオツ鑑賞

まずはPart4にて、コルネオの屋敷の地下でティファと合流するシーンにて、こんなことやってました。特にコメントはしませんので、辛い時に見て「何やってんだこいつw」と微笑んでいただければ十分です。

やっぱりティファは最高ですね!もちろんエアリスさんも好きですが、個人的にはティファの方が好きかもしれません。

運命力

次にまたしてもわけのわからないノリがランクイン。パイオツ鑑賞を終え、地下下水道、列車墓場を突破した先でこんなこと言ってましたね。

「柱が落ちたら僕は坊主だ!」

運命なんてオレが変えてやる!という強い気持ちを持って並み居るフィーラーを撃破して支柱に向かうとまだ支柱は立っていました。そして何が何でも支柱倒壊を阻止したいという強い気持ちを持ち登っていくと・・・まさかの雑魚相手に死亡するという一大事になりました。その後支柱が倒壊してしまい、無事に私は坊主になりました。

支柱倒壊を防げなかったのは私の運命力が足りなかったからです。今後も運命を変える力、運命力の増強を意識して配信と考察やっていこうと思います。

フルカワの「フ」のポーズ

そして神羅ビル内部のドラムの中で、フルカワが終始爆笑していたシーンがありました。かなりの内輪ネタになるので詳細はアレですが、結論言うとLINEスタンプ作りたいね(笑)とだけ言っておきます。ご興味あればPart9をご覧ください。何の話をしていたのかはよく覚えてないです。めっちゃ面白かったという記憶のみ残ってます(笑)

他にもエアリスさんやローチェのモノマネやジェシーとのツーリングなど、色々ありますが、特に強い部分はこの辺ですかね(笑)またいずれ、色々落ち着いたら7の配信はしたいと思ってます。

FF6配信 7月31日〜8月10日

そして7の次に6をやるというイカれた順番で配信を行いました。

6は元々めっちゃ好きな作品でもありますし、それ以上にFF16とFF6の関連を探すためにやっていた面もあります。情報提供ありがとうございました!考察ネタを探しながら行ったのもありますが、それ以上に「ちんぺち」が印象深いです(笑)

ちんぺち

アレは忘れもしない、世界崩壊後のフィガロ城地下にて、触手を滅ぼしに向かっていく途中である軍団員から突然「ちんぺち」の話が出ました。おいおい配信中にシモネタはよしたまえ、と思ったんですが、これはスタバの季節限定の沖縄ちんすこうフラペチーノの略称だったんですよね。

確かに「ちんぺち」なんだけど、そんな風に呼ばれてたとは知りませんでした(笑)

なんか勘違いしてごめんね。でもあれから現在にいたるまで、やっぱりスタバで買ってもかわいい猫の絵とか書いてもらえてないです。6は主にちんぺちの話ししてた気がします。

きしんVSようじょ

そして次に記憶に残っているのは、ラスダンにて対峙した三闘神の一角・きしん戦です。

いつもと違って全員レベリングをしていなかったので最強の幼女リルムさんを残して全員死亡していたというなかなかにやばい感じになりました。さすがに勝てへんかな〜とか思ってましたが、なんとこの幼女、きしんのファイガを無効化し、ほとんどノーダメージで切り抜けることができました。

一瞬の隙を突いて大きいお友達を蘇生し、なんとかきしんを滅ぼすことができました。あの幼女、マジ最強です。

というかこの後のめがみ戦でもかなり苦戦したので、ある程度のレベリングがないと意外と強いんだな〜と思い知りました。ケフカさんはまあ、いつもどおりかなという強さでしたけどね(笑)

まあ何にせよ、FF16との関連動画も完成したので結果オーライということにしておきます。来年以降はかなり考察色を高めていきます!

FF12配信 8月11日〜9月4日 10月14日〜10月24日

そして個人的にかなりお気に入りのFF12です。最初のうちは「ガンビットとは」みたいな感じで、正直そこまでハマってなかったですが、システムを理解したことで加速度的にのめり込んでいきました。プレイ前から「裏ボスはHP5000万以上ある」と聞いていたので全身の震えに耐えながらプレイしていました。

FF12はそんなボス戦も印象深かったですが、それ以上に回戦トラブルのイメージが強いです。

ニューロショック

なんとなくでも進めていくにつれて、システムにも慣れ始めていい感じかな〜と思うようになった頃・・・

その日も普通に配信を始めていたんですが、なんと回線が悪すぎて配信が強制終了されてしまいました。その日の時点で上りが70mというなかなかに低い数値でした。7リメイクの頃は上り400ほどあったのにじわじわと蝕まれてついに配信ができないレベルにまで下がってしまいました。

まあ色々と愚痴りたい気持ちもありますが、元カレのこと悪く言うのもなんかねえ・・・ということで、今カレのソフトバンク光くんとは仲良くやっているので過去は忘れて前だけ見て歩いていこうと思います。これのせいで配信が9月5日から10月13日まで配信はお休みさせてもらいまして、考察動画を作っていました。

やはり回線は大事!この期間に回線について詳しくなったように感じてますので、まあ結果オーライかなと今では思ってます(笑)

ヤズマット

そして回線が治り、ひたすらモブ退治をしていくと、ようやくXランクのヤズマットと交戦することになりました。

HPが5000万あるというとんでもない敵が現れ、1回目は普通に負けました。単にHPが高いだけではなく、通常攻撃に5%の即死効果があり、要するに20回に1回即死するというとんでも性能もあります。さらにサイクロンという物理攻撃の度に発狂モードと通常モードが切り替わり、柳生の漆黒とモーニングスターを切り替えるのが大変でした。

この時点では仲間にアスピルでMP全快という技も知らなかったのでかなり苦戦しましたが、なんとか配信時間2時間の内にギリギリ倒すことができました。TZA版だったので4倍ができましたが、それがなかったオリジナル版で倒せた方は心の底から尊敬します・・・

トライアルモード

そして個人的にかなり思い入れが強いのは最終回で挑んだトライアルモードです。

これまでに登場した全ての敵モンスター、ボスが登場する魂の祠的なやつです。全100階層まであり、いうて6時間もあれば時間余るやろwとなめていたら普通に時間延長するはめになりました。

80階層まで行った時点でまだ1時間経過とかだったんですが、そこから先がマジで地獄。ほんとに辛かった・・・(笑)

特にゾディアーク、アビスの大群、アルテマ、オメガmk、ヤズマットがきつかったですが、軍団員のコメントによりなんとかクリアできました。そしてたどり着いた100階層ではアルケイディア帝国のジャッジたちが勢揃い。最初はマジでどう勝てばいいのか全く分かりませんでした。最終的にはバニシガ回り込み、ゼロムス砲でなんとか勝利できましたが、アレ以外の戦法って存在するんですかね(笑)

まあなんとか勝利できたのでOKみたいな感じですが、かなりきつかっただけに印象深い作品となりました。もう1回やるのはきついですが、やりたいな〜という気持ちはあります(笑)いつか時間あればまたやりたいと思います!

FF13配信 10月25日〜11月20日

そして年内にやったナンバリング作品としてはラストの13

なんとなくライトニングさんだけは知っていたんですが、いざやってみるとヴァニヴァニが可愛かったですね(笑)

13の配信中には色々個人的に人生が変わるほどの事件がいくつもあり、いいことも悪いこともたくさんありました(笑)なかなかに情緒不安定だったことを今謝罪しておきます(笑)

そして13で印象深いのはこれら3つです。

ガメオベ祭り

最初はオプティマやロールシステムに慣れるのが難しく、カスなプレイをお見せしてしまってすみませんでした(笑)

一応シンボルエンカなので、視界に入る敵は皆滅ぼしながら進んでいたはずなんですが、それでもマハーバラ坑道のザコ敵相手に13回連続で敗北を喫するという大事件がありました。ほんとにレベリングをサボっていたわけでもなかったので何故勝てないのか本当に分かりませんでした(笑)

その日の夜は配信を24時半に終えてから3時ころまでレベリングを続けた結果、全員HPが3000程度上昇するほどに鍛えあげ、これによりある程度ヌルゲー化しました。レベリングゲーかよwと思っていたのもつかの間、またすぐに敵硬すぎるタイムに入りました。特に終盤、ラスダンの敵硬すぎて辛かった・・・

体感的には初めて7リメイクのハードをやったときみたいな感覚でした。「これほんとにクリアできんの?」と感じたのは言うまでもないです。レベルが低すぎるとか、必要なアイテムを取ってないとか、何かしら原因がないかと思っていたんですが、実際そんなことはなく、シンプルに敵が硬いだけでした。多分。

なにかいい方法があったならば教えて下さい(笑)

ミッションのいかつさ

そして13にもサブクエがあり、特定のモンスターを滅ぼしていくミッションがあり、いうなれば12のモブ退治的なものがありました。12のモブはまだサクサク倒せていたのですが13の敵は前編超絶硬かったです。しかもそんなミッションが64もありました。フルカワが倒せたのは確か55くらいだったと思いますが、それだけでもだいぶ頑張りました!

このミッションもいずれ制覇します!いつかね(笑)

まとめ

というわけで、ここまでで配信の思い出は以上になります。相当に長い動画になってしまったので途中で行っていたFF10-2と零式は省いていますが実はやってます。でもやっぱりスピンオフよりもナンバリングの方が好きだったね〜。2021年の年末時点ではまだ6、7シリーズと10しかやったことがなかったので、それを考えると遠くに来たもんだとしみじみ思います。

以前の動画で「16発売までにやってない全シリーズやります。やらなかったら登録解除お願いします」と宣言したこともあり、意外と順調に来ているのかな?配信スケジュールも作ってたんですけどニューロショックで全てぶっ壊れてからあまり考えてません(笑)

しかし残るナンバリングは2,3,4,5,14,15の6作品。とはいえ2と3はおそらく配信はしないかもなので個人的にやっちゃう予定。いろんな世界を見ていろんな設定を知り、ほとんど7しか知らなかった頃よりも考察の土台となる知識が増したように感じます。やはり新しい経験はするもんだなあと年をとってから思いました。

というわけで、今年2022年はYoutubeを本格的に始めた年でもあり、配信を始めた年でもあり、私生活でもだいぶいろいろと変わった年でもあり、忘れられないYearになりそうです。最後になりますが、今年1年間本当にお世話になりました。まだまだチャンネル登録者も少ない中でお付き合いくださりありがとうございました!

来年は今よりも考察を増やしていく予定ですので、長い目でお付き合いくだされば嬉しいです!いまのところ配信者色が強いですが、近々考察屋に戻ります。はい、というわけで今回は以上です。まずは年末大晦日、2022年の締めくくりにまたしても7リメイクハードRTA笑(笑)を行いますので、そちらもぜひご覧ください。それでは2回め言うけど今回は以上です、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA