【FF7リメイク考察】『Hollow』の歌詞考察!2つの仮定法が表すタイムリープ

※今回の記事はFF7R主題歌『Hollow』より歌詞を引用しております。

めっちゃいい曲なのでぜひ聞いてみてください!

『Hollow』 作詞:野島一成 作曲:植松伸夫https://youtu.be/S8xjXZ2xdEQ

フルカワ

どうもこんにちはフルカワです。

今回はFF7リメイクの主題歌である『Hollow』の歌詞についての考察です。前々からリクエストを頂いており、ようやく形にできました、おまたせしました(笑)

『Hollow』の歌詞をよく見ていた結果「エアリスを失ってしまったクラウドが過去を後悔している」という光景が浮かび上がりました。具体的にどの時点か分かりませんが『Hollow』の歌詞の中にある「仮定法」によりひたすらに後悔し続けるというクラウドの視点が浮かび上がりました。

仮定法とは簡単に言うと「事実に反する内容を妄想する時に使う文法」です。例えば「もしフルカワが黒髪ロングの美少女だったら、めっちゃモテるのに」みたいな(笑)そして実際には「フルカワは黒髪ロングの美少女ではないのでモテない」ということを示唆しています。実際にはピンクの角刈りです。とまあこの仮定法が歌詞の中にあることから、クラウドの苦悩が感じ取れました。

今回の歌詞考察を見ていただくと、既に有名ですけれどもクラウド、エアリスのタイムリープ説、また他世界線の記憶を持っている説の裏付けになるのかもしれないと思い、今更ながら『Hollow』の歌詞を見ていこうと思います!

歌詞考察の前提

それでは始めて行こうと思いますが、まずは考察の前提、仮定条件をお話します。

  • 『Hollow』はクラウドがエアリスを失った後悔を歌う歌
  • 歌詞中の”I”はクラウド、”you”はエアリス

『Hollow』についてのインタビュー記事より、『Hollow』はクラウドの心境を歌った歌であることが明らかになっています。作詞もシナリオライターの野島さんということでストーリーに即していることも分かっており、また『Hollow』の最初期のイメージとして「雨が降っている荒野に立ち尽くすクラウド」というものがあった、そんな歌と覚えておいて下さい。

またそこから、歌詞中に登場する”I”、すなわち「俺」はクラウドを指しており、さらに”you”はエアリスであると考えています。歌詞の中に「今回こそはYouを決して離しはしない」といったニュアンスの部分があり、そこから”you”はエアリスではないかと思います。この辺から、エアリスがいなくなってしまった後のクラウドの心境だと考えられます。

まとめると、クラウドがエアリスを失った後悔を歌った内容であると考えていきますので、ここだけ覚えておいてください!

『Hollow』歌詞考察

それでは順番に始めていこうと思います。まず出だしのこの部分です。

I would be lost 漂い
Drifting along 流れて
Floating up high 迷った時でも
Time after time

And there you’d be あなたの

Shining brightly 輝く
Your smiling face 笑顔が
To guide my way 導く

歌詞初めのこの部分には、2箇所”would”が使われており、ここも仮定法かと思ったのですが、おそらく内容的には「過去の習慣」を表す”would”だと考えています。なので「以前は漂い流れて迷った時でも、あなた(エアリス)の笑顔が輝いていた」という意味合いになるかなと思います。あくまで過去形の話なので、現在そうではないことを示唆しているのかなと考えられます。

この辺りから既に「エアリスが側にいないクラウド」の視点が見えてきます。そして歌詞はさらに続きます。

Bloody and bruised 傷つき倒れて
Brought to my knees
When beaten down 打ちひしがれても
When broken up

You would appear

Reach out to me あなたに触れたら
Heal every wound すべては癒やされ
And make me whole

ここでも同じように「傷つき倒れて打ちひしがれた時でも、エアリスが現れて傷を癒やしてくれて、さらにmake me wholeしてくれていた」という過去の習慣的動作を表していると考えられます。ここからも先程と同様にエアリスが側にいないといことが示唆されています。なのでエアリスさんと一緒に、無事にミッドガルを脱出した、リメイクラストよりも結構後の心境なのかなと考えています。

とまあ、どの時点でのクラウドの心境なのかという時間軸について話は一旦置いといて、ここで”make me whole”について考えていきたいと思います。

ここでいうwholeは「完全、全体」などの意味の形容詞であり、ホールケーキとかのホールです。この第5文型の文章を直訳すると「私を完全にしてくれる」となります。普通に慣用表現として「あなたなしじゃだめだ」という告白文句的な意味もありますが、クラウドのエアリスに対しての感情は恋愛感情と呼んでいいものか微妙なところなのでおそらくこの意味ではなく、前者の「私を完全にしてくれる」かと思います。

この解釈でいくと「エアリスがクラウドを完全な状態にしてくれる」ということになります。リメイク作中で該当する部分として「エアリスに触れた直後からフィーラーが見えるようになる」シーンがありました。フィーラーに関してはクラウド本人が「接触がきっかけだ」と話していましたので間違いないかと思われます。

ここはリメイクのスタッフブログにも記載があるのでこちらも併せて御覧ください!

Q:本作においてこの段階まで来ると、クラウドは原作の『FFVII』のストーリーにおいて後ほど起こる出来事の「フラッシュフォワード(未来予知)」を体験するようになっていますが、これはなぜでしょうか?

A:八番街市街地でエアリスと接触してからクラウドにもフィーラーが見えるようになっています。このときから時間の流れである運命がクラウドの記憶にノイズがある影響もあり一部見えるようになります。ただその幻影は一瞬であり詳細が見えているわけではありません。

鳥山 求(共同ディレクター(シナリオデザイン))

また「make me whole」の解釈のもう一つのパターンとして、フィーラーは関係なく、エアリスさんのゴールドソーサーでの「あなたを探してる」のように、クラウドの偽の人格ではなくて本来の人格を見ようとしてくれていることもあり、それによってクラウドが本来の自分を取り戻せそうになったことを示唆しているのかもな〜とも思います。

まあ両方なのかもしれませんが。というわけで考察続けます!

Was it all a dream? 浮かれてる?そうかもな
Will I never know?
Foolish and blind 何も知らずに
To everything

そしてエアリスさんが側にいない、そんな状況の今「エアリスがいた日々の全ては夢だったのか?」と側にいてくれた頃を振り返っているのかとおもいます。ここで”Will I never know?”とありますが、基本的に”know”が自動詞用法で終わるのはやや珍しい、ということでおそらくは”know”の後にこんな一節が省略されているのではないかと考えています。

Will I never know(if it all was a dream)?

直訳すると「あれら全てが夢だったのかどうか、俺は決して知ることはできないのか?」となります。直前にある部分が重複している場合には省略して書かれないこともありますのでおそらくこうかなと。”it”が指しているのはエアリスが側にいた頃であり、そして側にいなくなってしまった現在に対して「夢だったのか?」とひたすらに後悔している光景が浮かんできました。

そして「すべてのものに対して愚かで盲目だった」「何も知らなかった、知ろうとしていなかった」と感じているのかしらと考察ができます。

そして次の部分に最も考察魂が震えました。最初に紹介した仮定法が使われている一文です。

Had I realized, 気づくのが早ければ
Had I thought it through,
Would you be here in my embrace? 抱きしめられたかい?

自分が何かに気付いていればエアリスは死ななかったというクラウドの回想?ここで仮定法が入ることで実際には「気づく」ことはなく、何かを「考え抜く」こともしていなかったので、結果的に今ここにエアリスはいないというニュアンスです。さらにクエスチョンマークがついていのるので疑問文なので、おそらくクラウドが自問自答していると考えられます。ひたすらに後悔しまくってますね!

Shine bright once more もう一度輝け
Guide me to you 一度でいい、見つけるから
Smile bright once more もう一度笑って
This time I will never let you go 今度は離しはしない

基本的にエアリスはもういない、だからもう一度エアリスの笑顔が見たいということかと解釈しています。そしてここで注目すべきは”This time”という部分。和訳においては「今度は」となっていますが、フルカワ的にというか考察的視点から言うと「今回は」ですよね。

「今回は」ということは「前回」があったはず。少なくとも既にエアリスを失ったことがある、ということがわかります。そして今回こそは離しはしないということと解釈できるのではないかと思います。この”This time”こそ、今回『Hollow』の歌詞考察を始めようと思ったきっかけなのです。めっちゃ考察力高めのワードですよね(笑)

ちなみにここでは仮定法が使われておらず、ここの”Will”は「意志」を表す用法であり、さらに強い否定の”never”も使われているので直訳は「今回は決してお前を離しはしない」となると考えていいと思います。ここから”you”はエアリスだと確定したわけですね。

さらに次のフレーズもご覧ください。

With your every smile 笑顔には隠された
Hiding something more
Dark mysteries 秘密があったね
Lurking beneath 

ここで気になるのは「笑顔には隠された秘密があったね」という部分です。your smileを「エアリスの笑顔」と仮定するとエアリスの隠していた秘密について”今”は知っていることになります。そしてこの秘密とは何か、結構色々あるんですよね。

  1. 一人で忘らるる都に行こうとしていたこと
  2. フィーラーや世界の運命について
  3. タイムリープを繰り返していたこと

このあたりでしょうか。1は原作の内容から、2はリメイクからわかりますし、特に3つ目のタイムリーに関してもリメイクの内容から話題になっていましたが、実は原作の頃からタイムリープしていたのではないかと考えています。少し前に原作の配信をしていた時のこと、とんでもないシーンを発見してしまいました。

クラウド復帰後、ブーゲンさんと一緒に忘らるる都に向かう直前でのみ見られるティファのセリフです。クラウドがティファに、エアリスが忘らるる都に一人で行った理由を聞いた時のティファのアンサーがこちらです。クラウドは「エアリスは命をかけて・・・」と、エアリスが言うなれば自己犠牲で向かっていったように話しますが、ティファはそれを否定して・・・

ティファ「きっと死ぬことなんか考えてなくてちゃんと帰ってくるつもりだったんじゃないかな?だってエアリス、よく言ってたもの。また、この次は、今度は・・・」

「この次」「今度は・・・」というセリフが25年前の原作にも既に存在していました。オリジナル版から存在したのか、それともインターナショナル版からなのか、リマスターから追加されたのかどうかは不明ですが、かなり重要なセリフだと思います。なぜこのセリフが話題になっていないのかは不明ですが、このセリフから「原作の頃からエアリスさんがタイムリープしていた」ことも考えられるのではないでしょうか。

そして話を戻して、歌詞中の「笑顔には隠された秘密があったね」の「秘密」とは、エアリスが何度も繰り返しているタイムリープ、そしてその目的であったとも考えるようになりました。

この「エアリス、原作からタイムリープしていた説」についてはまた別動画で取り上げていこうと思いますが、ひとまずはエアリスがいなくなった世界線、いなくなってしまった後のクラウドの心境かしらと思うよ。

But I was consumed でも俺は空っぽで
With this emptiness
This selfishness 求めてばかりで
This void to fill 

「俺」はクラウドを指し、当時は空っぽで、自分勝手だったと当時を振り返るシーンです。歌詞考察続けます。

Hear me once more もう一度頼むよ
Show me your smile 笑顔を見せて
This time for sure もう一度今度こそ
I’ll see the truth hidden inside your tears 涙の跡に気づいてみせる

ここも先程と同じように、今ここにいないエアリスに向けてまた会いたいという気持ちを歌っているように感じますが、ここで重要な”This time”という非常に重要な歌詞があります。これはYoshさんの歌詞の和訳を見ると「もう一度今度こそ」となりますが、考察屋的には「今回こそ」となります。

「今回」という表現から「前回」があったことを示唆しているのかな〜と考えられますよね。そしてその後の歌詞を見ると「涙の跡に気づいてみせる」とあります。なので前回は「クラウドがエアリスの涙の跡に気づかなかった、だから今回こそは涙の跡に気づいてみせる」と考えられます。要するに今回こそはエアリスの隠していた秘密に気づいてみせる!という強い意志が感じられる部分だと思います。

そして「今回」と「前回」が何を指すのか考えていくと、ここまでいくとなんとなく分かってきますよね。「今回」はリメイク世界、そして「前回」は原作世界線を指しているのだろうと考えられます。歌詞の中の”This time”から話題になっているエアリスのタイムリープ説、もしくは原作世界線の記憶を持っている説が頭によぎりました。

スタッフブログからも「エアリスとの接触により記憶が部分的に回復していた」と明言されていますので、個人的にはエアリスから他世界線の運命、記憶を部分的に譲渡されたことは間違いない。タイムリープしているのはエアリスであり、元の世界線の記憶をクラウドに渡してリメイク世界線の運命を変えようとしていたのかな〜と改めて思いました。

そして最後の一小節の考察、いっちゃいましょう。

But I… I know ああ、わかるよ
That you’re long gone あなたはいない
But I… I will… でも俺は
Go on howling and hollow 叫び続ける

ここまでの内容から、クラウドはエアリスがここにいないということを実感しています・・・が、最後の「叫び続ける」ですが、これも2通りの解釈が可能だと思います。単にエアリスがいないことを寂しがり「叫び続けるの」のか、それともその現実を変えるためにまだ努力を続けていくぞ!という強い決意なのか。

個人的には後者の説を推しています。すなわちクラウドはエアリスを失った過去を受け止めつつ、その過去を変えるために努力し続ける、すなわち「叫び続ける」的な感じです。この解釈であればクラウドは何かしらエアリスを救う手段を持っているようにも感じられます。

しかし最後の”Hollow”を見るとそうでもないのかなと(笑)タイトルでもある”Hollow”は「空虚、空っぽ」という意味の英単語であり、今後もHollowであり続ける、というニュアンスの文章です。なので今後も「エアリスがいない」空虚な状態であり続ける、というニュアンスになってしまいます。

どっちなんだろうかと思いますが、まだ分からない(笑)ということでREBIRTHを待ちたいと思います(笑)

まとめ

というわけで今回のまとめです。若干散らかってしまったようなので、今回分かったことをまとめるとこんな感じです。

  1. クラウドがエアリスを失った悲しみ、後悔の歌
  2. エアリスの秘密をクラウドが知っている
  3. →「秘密」とはエアリスの持つ原作の運命?タイムリープ

こんな感じです。まだまだ不透明な部分は多いですが、ここまでが『Hollow』の歌詞からわかるのではないかと思いました。クラウドがエアリスを失ってしまった過去を回想しているということから、第2弾REBIRTH、もしくは第3弾Returners(仮称)の物語が終わった後の視点なのかな〜とも考えられますが、未だ不明。少なくともエアリスと一緒にいたリメイクラストより後の視点ということだけ確定しておきます。

『Hollow』の中に登場した仮定法から分かったエアリスタイムリープ説、少なくとも他世界線の記憶を持っているのは確定であり、クラウドにフィーラーを見えるようにして運命を変えたかったのかなと考えるようになりました。今回特に気になったのは「原作の頃からエアリスがタイムリープしてる説」です。これはまだ誰も触れていない部分なので第一人者になっておこうと思います(笑)

配信中にたまたま発見したセリフなので、大事にしていこうと思います!というわけで次回の動画をお待ち下さい!他世界線からどのようにして記憶を継承したのか、いかなる記憶を継承したのかはまた今後、考えていこうと思います!今後は考察動画も増やしていく予定なのでよろしくお願いいたします!

4 COMMENTS

アリス

ティファのエアリスに対する「エアリス他の誰よりも明日のこと考えてた」は原作からありますね。実はエアリスのしよりもティファのこのセリフとクラウドの「エアリスは俺たちに大きな希望を残してくれた。けれどもそれはエアリスの命、エアリス自身の未来と引き換えに」
で大号泣した記憶があるので…

返信する
フルカワ

アリスさん
コメントありがとうございます!

やはり原作からありましたか!
ということは25年前から存在する伏線だった可能性もありますね〜

原作だけで考えるとそこまでなのかもしれませんが、
リメイクも絡めて考えるとタイムリープを疑ってしまう発言でした。
今後は「エアリスは原作の頃からタイムリープしていた」と考えて考察を続けていきます!

返信する
ななし

楽しく記事拝見しました!
フルカワさん、ピンクの角刈りなんですか!素敵です。

自分も同じ感想をこの歌詞に抱きました。
リバースをクリアした時にまたこの歌が流れて、その時に「この歌詞はこういう意味だったのか!」とプレイヤー全員が気づくような仕掛けになってるのかなと勝手に思ってます。

97年当時、何万人ものクラウド(プレイヤー)がエアリスを助ける方法を必死に探し、見つけることができなかった。時を経て助かる可能性がでてきた。沢山のプレイヤーがこの歌詞と同じ気持ちになっただろうと思います。
※色んな解釈があると思うので、これはあくまで一個人の感想です。

これからも更新楽しみにしています!

返信する
フルカワ

ななしさん
コメントありがとうございます!
黒のツーブロックからピンクの角刈りにクラスチェンジしました!

共感してくださって嬉しいです。
結局の所リバース、そして第3弾クリア後に全てがわかるのでは、と思ってます。

クラウドの心境が明らかになにかの事後なので、
現状ではわからない部分も多い気がしています。

歌詞のラストの「叫び続ける」の解釈もその時正解が分かるのだろうと考えています。
個人的にはエアリス生存ルートを探すクラウド、の方が希望があって楽しいんですけどね(笑)

大体週1くらいで考察記事をアップ予定なので、
よければ今後もお付き合いください!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA