【FF8配信完結記念】名場面シーンランキング【フルカワの思い出】

どうもフルカワです。

2022年4月8日から4月24日にかけて、連日行われていたFF8リマスターの実況配信がついに完結いたしました!当初懸念していた「誰も見に来てくれないんじゃないか」という不安もありましたが、いざやってみると第1回配信から多くの方が見に来ていただいて、最終回では最大同時接続数27人という大偉業を達成しました!

この数字は他のYoutuberさんと比べると少ないかもですが、フルカワ的には嬉しすぎる数字でした。リアルに「視聴者0人かもしれぬ・・・」という不安がありましたがそんなことはなかった。私にはちゃんと見てくれる軍団員がこんなにいたぞ!と超絶ハッピーボーイだったことに気付けた2週間ちょっとでした。ありがとうございました!

そしてそんな長々と続いたFF8の配信ですが、その中でフルカワ的に印象に残ったシーンを名場面まとめとして動画にしていこうと思います!全てが名場面やと思っていますが特に印象が強いところをまとめていこうと思います!

フルカワ的ランキング

5位 オーディン先輩の死と使えないギルガメッシュ

割と早い段階からお世話になっていたオーディン先輩に関して。最初のうちは呼んでもねーのに出て来たり、呼んでも来ないくせにとか色々と文句を言ってましたが、バハムート直前の強敵ルブルムドラゴン戦や、その後のアルテマウェポン前のHPおばけの鉄巨人を斬鉄剣で即滅ぼしてくれたりと感謝しかなかったわけですよ。

しかしそんな先輩とも突然の別れが訪れます。終盤ルナティックパンドラにてサイファーと何度目かの戦闘になった時のこと。戦闘が始まってすぐにオーディン先輩のモーションが入り「サイファー真っ二つになるんじゃね?」と思いきや、なんとサイファーは「斬鉄剣返し」を発動して我らが先輩に逆に斬鉄剣を浴びせ真っ二つにしてくるという暴挙・・・

とりあえずサイファーは神速でぶっ潰し、その後現れたギルガメッシュがオーディンの代わりにGF入りを果たし、今後はキミが代わりに斬鉄剣を発動してくれるのかい?と思いきや、彼はマジで使えないのです。

乱入型GFということで突然に現れますが、フルカワが確認している限り彼の使う技は「エクスカリパー」「エクスカリバー」そして「まさむね」です・・・・が、終盤になってくると対した効力でもなく、力カンストのリノアの通常攻撃よりも低いダメージしか与えてくれないギルガメッシュを見ているとね・・・「オーディン先輩を返してよ!」と思わざるを得ません。

挙句の果てにオメガウェポンとの死闘を繰り広げている最中に乱入してきて中途半端なダメージだけ与えてフルカワのコマンド入力を誘発した時には本気で殺意が湧きました。

ひとまずオーディン先輩、クソお世話になりました!またどこかのシリーズでよろしくおねがいします!

4位 魔法のランプとディアボロス戦

Part2という超絶序盤にて「絶対に全滅しない男」として有名なフルカワが全滅に追い込まれた事件が起こりました。その強敵の名前はディアボロス、まだフルカワのスコールのレベルが8とか9とかだったころの話です。

スコールとゼル、そしてセルフィが無事にSeedに就任してからの初任務、ひとまずバラムに向かおうとした時にシド学園長から「魔法のランプ」なるアイテムを頂きました。アイテム欄を見ると「使うと何かが起こる。セーブしてからつかおう」とか書いてあるし、シド本人も「呪われてる」とか言ってる始末。新人Seedの初陣に呪いのアイテムを餞別として渡すあなたの思考回路が理解できません。

その後バラムに向かいながらも「今日はランプ使わないと思います」とか言ってましたが、視聴者の方々からの強い要望があったために魔法のランプを使ってみたところ、中からはディアボロスなる超絶強そうなモンスターが出現したわけですね。

オメガウェポンを撃破した今から考えれば大したことない相手ですが、アルケオダイノスに対して畏怖の念を抱いていた当時からすると「勝てるわけねえ」というレベルの相手でした。対処法の分かっていなかった当初は「脳筋の力見せたりますよ」とかイキってましたが、普通に即死しました。

当初は「魔法のランプ使え!」派だった視聴者もランプを使った直後に「やっちまったか・・・」みたいな変わり身を発揮しハメられたフルカワは善戦むなしく敗北してしまったわけで、人を信じる心を失い大きな傷を負いました。

その後コメントを頂きましてドローからグラビデが効くということを教えてもらって、コントローラーを手汗でびちゃびちゃにしながらもなんとか勝利を収めたという思い出です(笑)みんなマジでありがとう(笑)視聴者の方々、いや軍団員の方々マジで大好きです。

3位 風神、喋る

ここまでネタ枠でしたがここはちょっとイイ話。

「無事?」とか「怒」とか「原因不明困惑」とか「エルオーネ、何処?」とか「否、奴等、到達不可能」など中国語のような構文で単語と漢字のみで会話する風神ですが、我々とは違う文法で話をするタイプの方やな、と一応理解していたのですが、そんな風神が普通に言葉を話すシーンがありました。

そしてルナティックパンドラの奥にて、エルオーネを誘拐したサイファーとエンカウントした時のこと・・・

「エルオーネを連れてこい!」と指示を出すサイファーに対して雷神はエルオーネを連れて行こうとするものの、風神は普通に話し出します。サイファーが魔女に操られていることを知りながらも盲目的にサイファーの後をただ黙ってついてきた風神はココに来て感情を顕にサイファーの説得に当たります。

バラムガーデンの風紀委員だった頃からサイファーに従い、おかしいと思いつつもサイファーを一人にしたくないからという理由でガルバディア軍の司令官と指揮官となり、そして母校バラムガーデンに戦争を仕掛け、さらにルナティックパンドラという古代遺跡まで復活させる敵国の幹部にまでなったのも全てサイファーへの忠誠心からのものではありますが、最後の最後でサイファーの行動を「間違っている」とたしなめる感動的なシーンでした。

そしてスコールに頼るしかない悔しさを抱え、サイファーも「これまでありがとよ!」と礼を言うと、風神と雷神は静かにサイファーに頭を下げ、スコールに全てを任せてその場を去ったのです。なんだかこのシーン、好きです(笑)

そしてその後エンディングにて、風神と雷神はサイファーと仲良く釣りをしているのでした。ここは動画をぜひ使いたかったのですが、規約的にダメなのでコンプラゴリ守り系Youtuberとして使うことはできません。悔しいです!

2位 なんとかポン達との死闘

そして堂々の第2位は、言うまでもなく”なんとかポン”ことアルテマウェポンとオメガウェポン戦です。

こいつらマジで頭おかしいくらいに強かったです。特にオメガウェポンに関してはこれまでのFF史上、いやこれまでにやってきたゲーム史上最強でした。こいつに勝てたことはこの配信において最高に盛り上がった瞬間でした、フルカワの中ではね(笑)

まずはアルテマウェポンですが「バハムート先輩を滅ぼしていく」というタイトルの動画なのに1時間以上アルテマウェポンとの戦闘に使うという奇怪な時間配分になりましたが、それくらいの強敵でした(笑)

普通に戦っているとリヒト・ゾイレというわけのわからないチート技が飛んできて、確定で一人が殺されますのでアレイズが必須になる超強敵でした。こんなヤツにどうやったら勝てるんやろか?とか思っていたんですが、メルトンからのボコりまくり、さらに奇跡的にスコールのエンドオブハートが炸裂して最高にきれいな感じで撃破することができました!ここに関してはショート動画があるので興味がある方は御覧ください。

そしてアルテマウェポンを倒したことで「俺最強じゃね?」という万能感を得たことにより、その後は順調に立ちはだかるボス達を完封していくことに成功し「アルティミシアもワンパンじゃね?」とか考え始めてしまい「最終回なのに見せ場がないな」とか思っていたんですが、その時はまだオメガウェポンの強さを知らなかったのです。

その後も順調に立ちはだかるボス共を滅ぼしつつアルティミシア城を散策していた時のこと、謎の黒いモヤを発見し、頂いたチャットを頼りに進むとなんとオメガウェポンと遭遇しました。最初は「アルテマウェポンと同じくらいやろw」とナメていたのですが、瞬殺されました。

これはヤバいと、配信中に倒せないかもしれぬと思い、翌日に回すことに致しました。そして翌日の配信時間の前にも3時間位挑んだんですが、1回も勝てずにぶっつけ本番で戦うことになりました。ひとまずレベル5デス対策としてST属性にデスをつけて、テラブレイク対策でぼうぎょをゼルとリノアにつけ、バハムートのカードを変化させてラストエリクサー100個を生成して、メルトンで削ってトリプル、ヘイスト、シェルをつけてひたすら殴る蹴る、そして斬るという暴行を加えていきますがそれでも配信開始から1時間は勝てませんでした。

しかし奇跡が起こりました。基本的に作戦としては合っているとチャットで言われたため、頑張ってゼルのデュエルでボコしまくった結果、なんとか滅ぼすことに成功しました。この時点で戦闘開始から51分が経過していました(笑)1体の敵にかけた時間としては過去最長であり、もう絶対にしたくありません(笑)

今後FF8の2周目をやることもあるかと思いますが、その際はオメガウェポン戦だけは何があってもやりません。これだけは間違いありませんが、一個だけいいたい。軍団員の皆、声援ありがとう。そしてもう一つ、FF8の主人公はゼルです。

1位 名もなき兵士とのタイマン

そしてウェポン達との死闘を抑えて第1位にランクインしたシーンはこちらです。

動画

バラムガーデンにガルバディアガーデンが突っ込んでくる時のこと、SeeD幼年部の少年マークを助けた後に突然現れるガルバディア兵士との死闘が今回のフルカワの思い出ランキング1位です。ここが最大の難所でした。

最初はどうやっても動けずに何もできずに殺されまして、あまりの無念にショート動画を作って慰めてもらおうとしたのですがそんなに再生回数も伸びなかったという二重のコンボ。その後も何度も挑戦していく内にキックをしまくれば勝てる説が浮上致しまして、蹴りまくった結果としてなんとか勝利することができましたが、今でもあのミニゲームのルールは全く分かりません。

なぜ勝てたのか、それだけがこのゲーム最大の謎やと思っております。

まとめ

というわけで、以上が「今更ながらFF8をプレイしてみたフルカワが印象に残っているシーンランキング5選」でした。どれもこれも印象が強いなと思いますが、その中から厳選させてもらいました。

まだまだ言いたいことはありますけどね。ジャンクションシステムが難しすぎたとか、ゼルの必殺技が強すぎるとか、セルフィのトラビア弁かわいすぎるとか、リノアの「おハロー」とか、スコールのスコールがエンドオブハートとか、アルティミシアの胸元が時間圧縮されているとか、とてもこんな短い動画では言い表せないレベルの内容でした。

・・・はいというわけで、FF8めっちゃ面白かったです!

そして今回の動画はネタ枠の動画ですが、次回の動画は『ラグナ・レウァールとスコール・レオンハートの隠されし関係』という考察動画というか、解説動画のようなものになります。視聴者の軍団員から教えてもらった情報を元にアルティマニアを読み腐って動画に着手していこうと思います!

というわけでFF8楽しかったよ、最後まで見てくれた軍団員の皆様、ありがとうございます!ひとまず次の動画も御覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA