【FFオリジン】ストーリー予想!考察すべきポイントまとめ

どうもこんにちはフルカワです!

今回は『FFオリジンstrangers of paradise』のストーリーを現在分かるところまで予想して、現在わかっているところまで考えて、今後考察すべき部分をまとめていこうと思います!3月18日発売だけどアーリーアクセスで15日になった瞬間から出来るようになるので、フルカワもまた配信していこうと思います!

単なるSEKIROみたいな死にゲーかな?と思いきや、なんと「ガーランド」とかこれまた懐かしい名前が出てきていますし、「あれあれ?FF1なのかな?」と思ってしまいました。ここで「おやおや?」となったんで意外と考察あるんだな〜ということで、オリジン発売前にFF1もやらないといけないということですね(笑)

タスクが増えたぞ、ということですが、まずはオリジンの内容を簡単にまとめ、今後考察していくべき内容をまとめていきます!

FFオリジンストーリー

コーネリアに現れた3人の戦士

FF1の舞台であるコーネリア国に現れた3人の戦士、ジャックとアッシュ、ジェド。彼らは「カオス」を倒すことを使命にしており、カオスの神殿に向かっていきます。その中で謎の少女ネオンと出会い、さらに謎の女性ソフィアとも合流し、5人になった所で昔懐かしい土のカオス・リッチ、水のカオス・クラーケン、風のカオス・ティアマット、火のカオス・マリリスと戦うことになります。

そしてこいつらをこの時代に送り込んだ張本人を探していく・・・ことになるのではないでしょうか。

ちなみに彼らは元々この世界の人間ではなく、他の世界からカオスを倒すためにやってきたということで、ジャック自身も「オレ達はどこから来た?」「俺達はStrangerだ」とか、セーラに「私はよそ者です。ほどなくどこかへ行ってしまいます」などの奇妙なセリフがあります。

光の戦士ではない

体験版でもありましたが、カオスの神殿最奥部にて、ガーランド・・・ではなく「カオスとなるもの」と戦闘になってましたよね。まあ、見た目完全にガーランドなんだけど(笑)

その直前にアッシュが「つまり俺達は、予言通りの光の戦士だ!」と高揚していたり、「光の戦士かもよ?」と発言していたり、アッシュは自分達のことを光の戦士であると考えているようですが!

実際にはこれは間違いです。

ファミ通での野村さんへのインタビュー記事にて・・・

また、コンセプトとして、『FFI』でガーランドと対峙する光の戦士から想起する姿とは似ても似つかない異質な存在というのもあります。ジャックたちもカオスを倒すという使命を背負っているのですが、「ウォーリア・オブ・ライトとぜんぜん違う」と思われるようなキャラクターである必要がありました。

ファミ通より引用

と話しておられますので、FF1の世界を救った光の戦士達とは異なる存在であり、さらにこうも話されております。

はい。『FFI』と地続きの物語というわけではなく、『FFI』をモチーフとした新たな物語です。体験版は序盤に挑むことになるカオス神殿なのですが、その流れも『FFI』の進行と同じですね。

FF1と地続きではないということは、ある意味で別の物語であるというそのままの意味でしょうが、なんとなく難しいですね(笑)

要するに、別の物語であるということで、FF1とは異なるストーリーであり、彼らは光の戦士ではなく、異なる存在だということです。確かにジャックはラーメン屋みたいだと言われていたり、アッシュもデニム履いてたりとデザインが割と現代風ということで、FF1の世界観には合ってないかな〜という感じがありますが、それも野村さん的に「別の世界からやってきた異邦人、すなわちStrangerである」ことを示すための作戦になっているみたいです!

カオスの存在

とはいえこの世界にも4匹のカオスは存在しており、ジャック達も「カオスを倒す」ことを目標にしていますので、コーネリア国のセーラ姫ともがっつり交流があることを考えると、おそらくFF1の光の戦士同様にコーネリア国に訪れて光の戦士的な扱いを受けてカオスを倒すためにカオスの神殿に旅立ったと考えられます。

ガーランドは

そしてカオスの神殿の最奥にガーランド的な人物が待っており、アッシュが「ガーランド!?」と叫んでいましたが、甲冑の男は「違う」と答えていました。この時セーラ姫から聞いた姿かたちの情報を思い出していることから、セーラは「カオス神殿に立てこもっているのはガーランドだ」と話していたのではないかと思います。

さらにもうご存知の通り、ガーランドはジャックです。ジャック=ガーランドであることが既に明かされていますので、あの甲冑の男はガーランドではないのです。でもジャックはガーランドだから、ジャックは自分と対峙していることになりますね(笑)さらに戦闘中にもアッシュにより「戦い方がジャックに似てない?」などの伏線も張りまくり・・・・だからこそあの甲冑「誰?」と謎が浮上しております・・・

FFオリジン考察すべきポイント

ここまでにも既に謎を提示しまくってきたので簡単にまとめていきます!

どこから来た?

まずは気になるのはやはりストーリーに関して。

ジャック自身も「オレはどこから来た!?」と言ってることもあり、コーネリアのある世界に他の世界からやってきたことがタイトルからも明かされていますし、まあ服装から見てもあんまりファンタジー感ないのでそうなんでしょうというとこですけども。

どこから何のためにやってきて、そしてトレーラーラストでどこかに行ってしまう感じに終わっていましたし、だとしたらガーランドは?この世界からジャックがいなくなってしまうのであれば、この世界にはガーランドはいないはずなんじゃね?と思ったりするんですけどね(笑)

セーラもアッシュも「ガーランド」と発言していることもあり、FF1の時代とそこまでズレているとも考えられませんし、アッシュが「つまり俺達は、予言通り光の戦士なんだ」と発言していることもあり、既にこの世界には「光の戦士がやってくる」的な予言がなされていることになります。

そしてアッシュが自分を光の戦士かも?と思っていることから、未だFF1の光の戦士は現れていないという微妙な時代設定になっていることがわかります。・・・じゃあいつなんだい!?というのはゲームプレイ後ですね(笑)

ガーランド

まず確定事項としてジャック=ガーランドなので、そのジャックがカオスの神殿奥地でガーランドらしきヤツと対峙すること自体そもそもおかしいんですけどね(笑)

アッシュが「ガーランド!?」と聞いても食い気味に「違う」と否定してたし、じゃあ「キミ誰?」と言う感じなんですが。そのためジャックがいかにしてガーランド、つまりはカオスそのものになるのか、ここが見どころだと思っています!

黒水晶

そして気になるのは、なんかトレーラーの中でジャックが持っている黒いヤツです。おそらくはFF1のカオス神殿に奉納されていた黒水晶であると考えています。前作、というかFF1においてはこの力によりガーランドは2000年前に送られてしまったわけですけども。

ざっくり言うとこの黒水晶の力により、死の間際のガーランドを2000年前に送ることが出来るというよう分からない力を持つ超危険なやつ。おそらくジャックは体験版ラストでガーランドらしき人物を倒したタイミングで黒水晶を確保し、それを携帯して行動していたと考えられます。

何者かからジャックが黒い球体を手渡されているシーンがあり、その後ジャックがセーラにそれを手渡していました。そしてトレーラーラストにて、その球体が割れてしまい、何かが出て来て・・・エンディング的な感じに繋がっていました。

そしてそれぞれのキャラが「さようならジャック」的な挨拶をしていくということで、ジャックだけまたどこかに行ってしまうのでしょうか。しかしカオスの神殿の奥にある玉座に座って「オレは忘れない」とか話していることもあり、おそらくは何かがあってガーランドに、そしてカオスになるのでしょう(笑)

全然この辺の流れがわからないので次回はガーランド考察にします(笑)

ジャックとアッシュとジェド

先程の野村さんへのインタビューによると、「ジャック」と「アッシュ」「ジェド」という名前にも大きな考察が隠されているということですので、少し考えていきたいと思います。どこかで見たのですが、これらの名前は海外では割と普通な名前であり、日本でいうと「太郎」「次郎」みたいな感じだそうです。

だからこそそのモブ感を持って、光の戦士ではない、単なる一般人であるということを強調しているのかな〜とか思ったりしますが、さすがにまだわかりません(笑)ですので彼らの名前についてもゲームプレイ中に考えていこうと思います!

まとめ

というわけで、何もわかりませんでした(笑)

ストーリーはFF1を多分に擦っており、コーネリアの姫セーラも登場しますし、ダークエルフの王であるアストス(当時は敵でしたけど)、それに4体のカオスたちも登場するということで世界と時代はFF1の光の戦士たちが現れたころとほぼ同じ・・・というだけです。

それ以外の部分、特にジャック=ガーランドだよっていう話に関してはもう何が何だか・・・(笑)というわけで次回はFF1ストーリー解説にでもしましょうか。まだ確定ではないですが、何かしらFF1関連の内容にするつもりですので、またお待ち下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA