【FF7AC考察】カダージュの正体とセフィロスの関係について解説

はいどうもこんにちはフルカワでございます!

今回もFF7AC考察第2弾をお話していこうと思います。今回のテーマは〈カダージュ達誕生の経緯とジェノバのリユニオン〉についてでございます!ACの冒頭からルーファウスとともに現れて、存在そのものがいまいち不明となっているカダージュ達ですが、彼らの正体について今回は考えていこうと思います!

しかしカダージュたちの正体に関してはいまいち明言されていない部分も多いので、一部考察を含む部分がありますことだけご了承ください!

カダージュとは

一応カダージュを知らない方のために軽く説明していきますと、FF7ACで初登場した銀髪のイケメンであり、物語冒頭からルーファウスと接触してクラウドにちょっかいをかけるイケメンたちです(2回目)

そしてジェノバのことを”母さん”と呼び、クラウドのことを”兄さん”と呼ぶ、謎にまみれた人物達なのです。ということでざっくりと作中での行動を振り返ります。

ジェノバを捜し続けるイケメン

基本的にはカダージュはヤズーとロッズというお友達を合わせて3人組で行動しており、黒マントに銀髪というセフィロスを彷彿とさせる姿かたちをしています。そしてカダージュは刀、ヤズーは銃剣、ロッズはパイルバンカー(手に装着するやつ)というそれぞれ異なる武器を持ち、冒頭からずっと積極的にクラウドに攻撃を仕掛けてくるナゾにまみれた方々です。

ジェノバを母さん

そしてルーファウスが隠している、北の大空洞で発見されたジェノバの首を探し回り、ジェノバの首を指して”母さん”と呼んでいます。作中では「母さんはどこだ?」とひたすらにジェノバのことを探し回っていましたので、このへんからもセフィロス感が強く漂っていることは否めません。

ちなみにですが、クラウドのことは”兄さん”と呼んでいます。これについても深い話になりますので、今回の話を理解していただいた上で、次回以降の動画で説明します!

セフィロスに変化

そして物語終盤ではついにルーファウスからジェノバの首を奪い、一瞬光ったと思ったらそこにいたはずのカダージュは消え去り、代わりにセフィロスが正宗を持って立っていたというホラー映像がありました。そしてクラウドと戦闘になる・・・という流れがありました。

カダージュの正体

ここまで見ても「キミ誰?」という感じで全くわけのわからない存在ですが、実際にはそんなにわからなくてもAC自体は楽しめるのでまあいっかwとなりがちですが、考察屋としてはそうはいかんのです。ですのでカダージュ達が何者なのか、割とガチ目に考えていきます!

以下の内容は原作ラストからACまでの2年間を描いた小説『on the way to a smile』の内容を元に作成していきます!

セフィロスの思念体

まず結論から言うと、カダージュ達3人はセフィロスの思念体であり、ライフストリーム内の精神体が実体化した存在です。難しいので順番に説明していきますね。

原作のラストにおいて、北の大空洞でクラウドに敗れたセフィロスは死亡し、精神体となりライフストリームの一部となりかけましたが、またしても復活を試みていました。その手段として、やはりジェノバのリユニオンを利用しようと考えました。

前回の動画でも話したように、原作ラスト時点にて、セフィロスはジェノバと一体化しておりましたが、クラウドとの戦闘によりジェノバの首が休止期のような状態となり、リユニオンが解除されてセフィロスの意志は、ジェノバの肉体を残してライフストリームの一部となりました。

しかしこの状態になってもセフィロスは諦めず、現世に残してきたジェノバの首を再度リユニオンさせ、そこにセフィロスを知るものが近づけば、その記憶を読み取ってセフィロスに擬態させることができる、すなわちまたしても復活できると考えたわけです。しつこすぎて思わずスーパーノヴァw

しかしこのジェノバの首は戦闘後に神羅によって保管されているので、既に北の大空洞にはなかったので、物理的な手段でセフィロスが手に入れる必要があったのです。だから物理的な体を持つ存在が必要だったのです。

ジェノバ因子を実体化

こうしてセフィロスの代わりにジェノバの首を入手するための存在として生み出された存在がカダージュ達なのです。

前回の動画でも話したように、セフィロスには〈ライフストリームに漂っている精神体に、自身の意志を与えて、それを現世に実体化する〉ことができるという前提でお話していきます。

まず北の大空洞の戦いによって精神体となったセフィロスはライフストリームの中にジェノバ因子、おそらくはセフィロスの意思のようなものを蔓延させていました。これを側で食らった人々に星痕症候群が発症する原因となったわけですけどね。

また同時にセフィロスは精神体となった時点で、自らの姿かたちに関する情報をライフストリームに流してしまった、すなわち自分の持っていた知識や記憶の一部をなくしまっていたために、生前自分がどんな姿をしていたのかわからなくなってしまっていたために、たまたまセフィロスの側に漂っていた少年の姿を借りたと小説には書いてありました。

要するに、既に亡くなってしまって精神体となって漂っていたカダージュ少年の意思に、ジェノバ因子、すなわちセフィロスの意志を植え付けてそれを現世に実体化させたと考えられます。そして小説によるとライフストリームの中から適当な容姿の記憶を見つけ出し、その姿で像を結んだ〉と書いてあります。これによってカダージュを創り出し、同じ方法でヤズーとロッズも創り出したと考えられます。

ちなみにカダージュは〈少年の持つ残忍さ〉、ヤズーは〈妖艶さ〉、ロッズは〈強さ〉を、それぞれセフィロスから植え付けられています。つまりそれぞれがセフィロスの心の一部、人間性の一部が具現化した存在であると考えると、多少わかりやすいかもしれません。

そしてこの〈実体化〉に関してはかなり調べたのですがはっきり書いてある部分がなく、知恵袋でも聞いてみたのですが誰も答えてくれなかったために私の考察で補いました。

一応考察に捕捉ですが、カダージュ達が生まれたと思われる北の大空洞は星の中で最もライフストリーム濃度が高いために、セフィロスの思念も具現化しやすかったのではないかと考えています。

したがってカダージュ達はジェノバ因子に汚染されたライフストリームの中にあった精神体であり、そこにセフィロスの精神体からセフィロスの情報が植え付けられて、現世に復活して実体を持った存在であると考えています。

ジェノバ因子を利用して誕生した肉体なので、ジェノバ細胞を埋め込まれてできたソルジャーよりも強い・・・ということなんでしょうか?そこにセフィロスの意志も入っているのでなおのこと肉体的に強いのでしょう。

リユニオンによりセフィロスとなる

そして再度復活したカダージュ達はというと、自分たちが何者かは知っています。

セフィロスによって作られたことも、自分たちが何をするべきかはわかっているようです。さらに彼らの身体はジェノバ因子、すなわちセフィロスの意志に支配されています。要するにカダージュたちも誕生した時点でかつての黒マントのようにセフィロスの意志に操られ、そのため盲目的にリユニオンを求めていたのです。

この点ではかつてのクラウドと同じですね。だからこそカダージュ的にはクラウドは〈自分たちよりも先にジェノバに操られていた先輩〉的な存在なので「兄さん」と呼んでいるのでしょう。

そしてセフィロスの意志を感じ取り〈ジェノバの首を取り戻す〉ために行動しておりまして、そしてジェノバの首と対面できた瞬間にリユニオンできたというわけです。これまでリユニオンはジェノバの肉体同士が物理的に合わさることだと思っていましたが、今回はジェノバの首とジェノバ因子を埋め込まれた存在カダージュの接触でも達成できたんですね。

そしてカダージュがジェノバの対面した際にジェノバは不完全ながらリユニオンを果たし、そして目の前にいたクラウドの記憶から自身の姿を読み取り、セフィロスに擬態したということですね。というわけでACに登場したセフィロスというのはセフィロスの意志を植え付けられたカダージュがジェノバの首とリユニオンして復活、そしてクラウドの中にあるセフィロスの情報を読み取って擬態した姿でした。

まとめ

このようになかなか難しいところですが、カダージュはライフストリームに溶けていた死者の情報であり、その情報をセフイロスに利用されて、そこにジェノバ因子を元に現世に実体化された存在でした。また、このジェノバ因子によりジェノバの意志、すなわちセフィロスの意志により操られている存在でもあります。

そのためジェノバの首を探し求め、それによりリユニオンを達成しジェノバの復活、そこからのクラウドの記憶を読み取ってセフィロスに擬態したというのが彼らカダージュの正体でした。

ネットの情報によるとカダージュとヤズーとロッズという少年たちは生前はガチの友人だったらしいですが、私はそのソースを確認できていないのでなんとも言えません・・・

というわけで今回はAC考察第2弾〈カダージュの正体とセフィロスのリユニオン〉について考察していきました。まだまだこれからです!ということで、次回の動画第3弾では〈星痕症候群の正体とエアリスの泉〉についてです。

クソメンヘラセフィ様が原因で引き起こされたマジの奇病星痕症候群について、これに関しても次回の動画で詳しくお話していこうと思います!これが分かるとよりACの話がわかるようになりますし、若干リメイク第2弾とも関わってくるような気もしています!

ということで、また次回の動画もご覧ください!それでは失礼しまーす!

【FF7AC考察第3弾】星痕症候群の原因と治療法の泉の正体について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA