MENU

固定ページ

【FF7リメイク】作中死亡キャラをまとめていく【原作と全然違います】

どうもこんにちは古川です!

今回はFF7リメイクのストーリーの中で惜しくも死亡してしまったキャラをまとめていきます。

古川

意外とこのようなキーワードで検索している方が多いみたいだね。

吉田

確かに、そういえば以前ラスアス2やってた時も「アビー死亡集」みたいな、感染者に殺されるシーンだけを集めた動画が人気だったし、意外な需要だな〜と実感しているぞ(笑)

ということで今回はFF7リメイクの中で死亡してしまったキャラについてまとめていきます!

FF7リメイクの中で死亡したキャラ

正直言うと、いまのところリメイクのストーリーの中で死亡が確定したキャラは神羅カンパニー前社長プレジデント神羅のみ。原作であればたくさんいるんですが、リメイク第1弾の時点で死亡が確定しているキャラは1人だけ。

このようなことを書くと「ジェシーとウェッジ死んだやろ!」とか言われるのですが、実際に死亡が確定したわけではありません。彼らはあくまで〈死亡した可能性がある〉だけであり、裏を返せば〈生存している可能性がある〉とも言えます。

なので彼らアバランチメンバーに関しては別記事で生存説の根拠をまとめているのでそちらをご覧ください。

ひとまず原作世界線にて死亡したキャラをまとめていこうと思います!

FF7原作で死亡したキャラ

ザックス・フェア

FF7リメイク ザックス生存ルート

原作の中ではなくクライシスコアからザックスです。

クラウドが今ここに生きていることは全てザックスがいたからありえる奇跡であり、現在のクラウドの〈元ソルジャーの俺が反神羅組織に入って無双してみた〉という中二病設定の元になった直接的な人物であり、さらにクラウドの初期装備であるバスターソードをクラウドに継承した人物でもあります。

ザックスは宝条による人体実験で魔晄中毒になり言語障害を起こしたクラウドをミッドガルまで抱えてやってきて、意識のハッキリしないクラウドを守るために100人を超える神羅兵と戦い敗れました。

神に等しいキャラであり、ザックスの死亡は原作においては確定していたはずなんですけどね。なぜかリメイクのラストにてザックスが登場していたことは記憶に新しいですね(笑)

ジェシー

FF7R ジェシー生存 手袋画像

アバランチの爆発物、偽造カードなどの技術担当であるジェシーさん。

彼女は原作では「う・か・つ」の名言を残しますが、特に面白い会話もなくなんとなーく話を進めていくと七番街支柱での会話を最後にそれ以降会うことはない、なんとも存在感の薄いキャラでした。しかしリメイクをプレイした方は分かるとおり、第1弾のヒロインはティファでもエアリスでもなくジェシーです。(異論は認める)

それにジェシー生存説もあります。古川の願望でもありますが、生存説を唱えるだけの根拠もあるので可能性としては十分です。いまのところ、1位ユフィで2位がジェシー推しです。

俺もジェシーパイセンに抱きつかれて「なんつって」とか言われたいっす!

ビッグス

FF7R ビッグス生存

同じく原作にて死亡してしまったキャラとしてビッグスも挙げられます。

ビッグスもジェシー同様に七番街支柱戦にて倒れているところ、「俺はいいから、バレットに手を貸してやって・・・やっぱり星の生命なんて、興味ないか?」とクラウドにバレットを託して出番は終了となります。さらっと死亡してしまったのですが、それはあくまで原作での話。

リメイクではなんとビッグスの生存が確定しており、フィーラー撃破後にビッグスは五番街スラムの孤児院のリーフハウスで目を覚ます描写があります。さらに枕元にはジェシーのものと思われる手袋も置いてあるなど伏線をたくさん残しての生存となりました。

〈原作で死亡したキャラが生きていてもいい世界線〉というのはこのような感動的な再会もあるんですね〜。

ウェッジ

FF7リメイク ウェッジ ジェシー 生存

ジェシーとビッグスと同じくウェッジも原作では支柱上部から後ずさりして落下、その後スラム住民がウェッジの周りに集まったのを目撃したのちに消息を断ちました。しかしやはりリメイクでは彼も生死不明となっています。

支柱から落下後もエアリスに肩を借りながらなんとか避難経路を確保し、住民の避難を先導し、立派に人の命を救っていました。さらにその後神羅ビルでも登場して、アバランチの協力者であるミッドガル市長のドミノと共に登場していました。

しかしその後フィーラーによりエレベーターに巻き込まれた後に消息不明です。この時点ではフィーラーは健在だったことを考えると原作どおりにウェッジは死亡という結果に収束したと考えるのが普通ですが、後にフィーラーは消滅したことやビッグスが生存していたことを考えると生存している可能性はあります。

プレジデント神羅

原作では神羅ビルにてセフィロスにより政宗を突き立てられて死亡したプレジデントは、リメイクでも同じくセフィロスにより殺されています。

同じくセフィロスにより刺されたバレットはフィーラーの収束により蘇生されましたが、プレジデントは原作でも神羅ビルで死亡することになります。だからフィーラーはプレジデントの死を修正する必要はなく、そのまま死亡したと考えられます。

ダイン

バレットの親友であり、マリンの実の父親です。

元はコレル村の鉱夫でしたが、神羅により魔晄炉建設の話に唆されたコレル村の面々に最後まで反対して、神羅の闇討ちによりコレルプリズンに落とされて闇落ちした男です。ちなみにダインはバレットとは反対の左手が銃となっており、久しぶりに会った親友にSマインやモロトフカクテルをぶっ放してくる容赦のない男。

10回以上プレイしていますが、バレットとダインが戦わなければいけない理由は今でもわかりません(笑)

最終的にはバレットとの戦闘後、自ら死を選んだことも記憶に新しいですね。

エアリス・ゲインズブール

FF7R エアリス 花言葉

FF7では死亡してしまうキャラとして筆頭となりますが、リメイクではフィーラー撃破によりエアリスの死亡が回避できる可能性が出てきています。しかもかなり濃厚です。

原作ではセフィロスの唱えたメテオに対抗できるホーリーを発動した直後にセフィロスにより殺害されました。この時には既にホーリーは発動していたのですが、セフィロスの強靭な意志により妨害されていたために発動できなくなっていました。

その後クラウド達がセフィロスを倒し、ギリギリのところでメテオ撃退できたということでしたが、リメイク世界では原作と同じ事象が起こるという保証は一切ありません。

さらに発売前に公開された長編CMでも「未来は変わっているのかいないのか」というエアリス死亡回避を匂わせる発言があり、エアリス生存ルートが濃厚になっています。

セフィロス

FF7R セフィロス 世界線

セフィロスがいつ死亡したのか、具体的にいつかを述べるのはなかなか難しいのです。しかし確実に死亡しています。

古川的には原作ラストシーンにて、クラウドたちとのラストバトルにて死亡したと考えているのですが、中には5年前のニブルヘイム魔晄炉にクラウドに落とされて死亡したという説もあるようです。この辺について説明しましょうか。

セフィロスが死亡したタイミング

5年前のニブル魔晄炉では死亡していない

セフィロスによりニブルヘイム焼き討ち事件の後、追ってきたクラウドによりセフィロスが魔晄炉に突き落とされましたが、この時に死亡したと考えるの一般的なのですが、実はこの時に死亡していないという説があります。

魔晄炉に満ちているのは魔晄エネルギー、言い換えるとライフストリームです。これは星をめぐる天然資源であり、過去に生きていたすべての生命の知識や記憶が含まれています。もちろんここには古代種セトラの知識も含まれています。

セトラの知識を吸収

だから本来ここに落ちると頭の中にこれらの知識が一気に入り込み、かつてのクラウドのように情報処理が追いつかず廃人となってしまうことになります。しかしセフィロスは魔晄炉に落ちたのですが、その際にセフィロスは強靭な意志を持ってそれらの知識を吸収、より星についての知識を詳しく持ち生還したという説です。

上記の内容はウィキペディアによる説ですが、これは公式設定なんですかね?

他のジェノバ細胞などの現実的な設定に比べると、なんだか〈なんでもあり〉になってないかな〜?と気になっています(笑)

約束の地=北の大空洞

そして上記の説を真であると仮定すると、セフィロスはその後〈約束の地〉すなわち〈北の大空洞〉を目指し、地球上で最も魔晄エネルギーが多い場所にてメテオ復活の時を待っていました。ちなみに第くうdぉうに魔晄が多いのはそれだけ傷ついている場所だからです。

しかしクラウド達の道中で度々セフィロスが現れてジェノバへと変貌し戦闘となりますが、あのセフィロスはセフィロスではなく、セフィロスコピーなのです。いわゆる黒マントの男たちです。

リメイクでも天望荘の203号室に住んでいたマルカートさんもそうですが、彼らは魔晄適性がないのも関わらず、宝条により魔晄に晒された上にジェノバ細胞を埋め込まれた人間なのです。

これは宝条がガスト博士のリユニオン理論を検証しようと思ったからですが、セフィロスは逆にこのセフィロスコピー達を操って黒マテリアを自身の待つ北の大空洞までもたらそうとしていました。後は御存知の通り、竜巻の迷宮には無数のセフィロスコピーが集い、エンディングへとつながっていきます。

まとめ

というわけで、セフィロスに関してはいつ死んだのか正確なタイミングはわかりませんが、ウィキペディアと古川の説が正しいと考えるとやっぱり原作のラストなのかな〜と思ったりしてます。

まああくまでこれは原作での話なので、リメイクではおそらく違う結論になることでしょう。

だって「未来は白紙」だからね!というわけで、今回はこんな感じで・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA