【FF7R】2作目予想!ストーリー内容をネタバレしてみる

クジャタ

どうもこんにちはクジャタです。今回はFF7リメイクの第2弾のストーリーを現段階の考察をもとに考えていきます!

 

リメイク第1弾が発売してからしばらく経ち、かなりの数の考察を行ってきました。その中で多くのコメントを頂き、その数135件!皆さんありがとうございました!

 

そして多くの考察を行ってきたことにより、他のどのサイトよりも詳細に考察をしてきたつもりです。

 

かなりのボリュームで考察を行ってきたことにより、リメイク第2弾のストーリーがある程度読めてきたように感じます。

 

だからこそ今回は、これまでに行ってきた考察と頂いたコメントをもとにリメイク第2弾の内容を考えていきます。

原作とは異なるストーリー

ざっくりとしたストーリー展開予想

見出し通り、ざっくりとしたストーリー展開予想を書いていきます。

まず今回のリメイク第1弾のストーリーは、原作世界線とは異なる世界線です。

そもそも原作と違う世界線であり、そのため原作と異なる事象が起きています。例えば死んだはずの人間が生きていたり、起こるはずのなかった出来事が起きています。

ビッグス・ウェッジ・ジェシーが生存していたり、フィーラーという存在がでてきたりセフィロスがクラウドに共闘を申し込んだり。

FF7リメイク ジェシー 生存死亡 【FF7R】ジェシー生存説を考察!手袋画像が伏線?第2弾で復活する説!

既に原作と異なる世界であり、既に何もかもが異なっています。

そして原作の世界線を守る存在であったフィーラーを撃破したことにより、運命は変わってしまった。したがって第2弾の物語は原作とは全く異なる物語になることが予想されます。

さらにどんな内容になるのか、これこそが今回の記事の内容なのです。

フィーラーが消滅した意味

過去の記事「フィーラーの正体は運命の番人」でもご紹介しましたが、フィーラーは運命に定められた事象を正確に引き起こすこと、そしてそれを狂わせようとする者の前に立ちふさがるのです。

これはフィーラーを’みやぶる’した時に出てくるエネミーレポートに記されています。

FF7R フィーラー 正体

ここからもわかるように、フィーラーは原作の運命を再度起こすべくリメイク世界線にも現れた。

原作でフィーラーが登場せずリメイクのみ現れたのは、リメイクでフィーラーが登場すべき理由があったから。すなわち運命が変えられてしまう可能性が浮上したからです。

ここだけ見ても既に原作と異なってますよね〜。

では次に、どのように異なってくるのかを説明していきます。

セフィロスを超える敵の存在

そもそもこの世界線ではセフィロスを超える力を持つMという存在が登場します。

このMという敵の存在は考察段階であり、FF7リメイクに登場するセフィロスのセリフを超主観的に考察した結果、存在しないとセリフが成立しないのです。

例えば「運命に抗うな、クラウド」「ともに運命に抗ってみないか?クラウド・・・・」という矛盾したセリフがあり、「終末の7秒前・・・」などさらにイミフなセリフがまだまだあります。

そしてこれらのセリフは終盤に近づけば近づくほどに意味がわからなくなります。そのためこれらのセリフの意味を考察した記事もありますので、詳しくはこちらの記事をご覧ください!

FF7リメイク セフィロス セリフの意味 【FF7R】セフィロスのセリフの意味をわかりやすく説明していく

セフィロスと共闘

FF7リメイク セフィロス セリフの意味

そしてセフィロスのセリフが成り立つためには、セフィロスの目的をであるメテオ召喚からのセトラへの覇権復活を阻害する敵の存在が必要です。この敵を当サイトでは’M’と呼んでいます。

そしてこのMはフィーラー同様に世界線に干渉できる存在であり、フィーラーが世界線を守る存在であるのに対して、Mはフィーラーが守る世界線を破壊する存在です。

具体的に、フィーラーが守りたい世界線の収束というのは原作同様にセフィロスがメテオを呼んで、それをクラウドが撃退する、その後のAC、DCにつながっていくという事象です。

一方のMの目的はセフィロスがメテオを呼ぶ前に世界そのものを消滅させてしまうこと。そしてそれは過去に何度も生じているのです。

その都度世界はループしており、過去の記憶を引き継ぐキャラがたくさんいます。そのうちの一人がセフィロスなのです。

当然のことながらセフィロスは、セフィロス自信の目的を邪魔するMに戦いを挑んだはず。しかし何度も何度も負けてしまった。しかしMを倒さないことにはセフィロスの願いも叶えられなかった。

FF7R セフィロス 世界線

そのためMを倒す手段を考えた末に思いついたこと、それがクラウドを仲間に引き入れることだったのです。

クラウドはセフィロスのことを’故郷を焼いた宿敵’と思っているため無条件で切りかかりましたが、実はクラウドはセフィロスと目的が一致しているのです。

  • セフィロスの目的はメテオを呼ぶこと、そのためにはMに世界を滅ぼされるわけにはいかない。
  • クラウドの目的はセフィロスを倒すことですが、Mに世界を滅ぼされることは回避すべき事項です。

そのためセフィロスとクラウドがMを倒すために一時的に共闘する可能性があります。

そしてMを撃破した後に本来の運命のようにメテオを呼ぼうとするセフィロスとの戦いになる・・・のがリメイクの本流なのかと考察しています。

エアリス生存ルートも可能性大

FF7R エアリス セリフの意味考察

大前提として、そもそも原作世界線ではありません。

これまで書いてきたように、メテオを呼ぼうとするセフィロスと戦う前にMという未知なる強敵との戦いが必要になるはず。

またミッドガルを出る直前に’運命の特異点’と呼ばれる光の渦を通ったことにより、あの瞬間に運命を変える決断をしたことになります。

そのため繰り返しになりますが、原作で起こったことが起こる確証はありません。

つまりエアリスが死亡するという可能性もありますが、起こらない可能性もあります。ミッドガルを出てから古代種の都でエアリス死亡までの流れも大幅に変わることが予想されます。

だからエアリスが死亡するという事柄はFF7リメイクの世界でも起こることは定められていません。それ以外にもエアリス生存ルートが存在するかも?という根拠はたくさんあるのです。

FF7R エアリス セリフの意味考察 【FF7リメイク】エアリス生存ルートの存在を裏付ける5つの理由を紹介

ザックス登場は新たな世界線変動を示唆

同じように、フィーラーがいなくなったことにより既に原作世界線とは異なる世界となっています。

そのため過去に死亡したはずのザックスが生存している可能性もあります。事実物語終盤にザックスが登場し、その際に忠犬スタンプの画像がリメイク世界線のものと異なっている描写がありました。

FF7リメイク 忠犬スタンプ 世界線

このことからもリメイク世界線と異なる世界であることが考察できます。つまりザックス生存ルートがある可能性も存分にあります。

つまりフィーラーが消滅した事により、ザックスが生存している世界線、あの時ミッドガル近郊で神羅兵に勝利した世界線が生まれたことを示唆をしている可能性もあります。

FF7リメイク ザックス生存ルート 【FF7R】ザックスが生存してる世界線とフィーラーの関係について考察

しかしこれまではザックスの描写は、あくまでリメイク世界線とは異なる世界線での話だと思っていました。

だがしかし、実は同じ世界線での話であると考えられる考察がありました。この説はネットの情報なのであくまで信憑性が欠けるものですが、意外と筋が通っているな〜と思います。

FF7リメイク ザックス生存ルート

この説の中では、上記のザックスがザックスではなく、ジェノバ細胞を持つ別の存在がザックスが擬態した人物であるとするものです。

つまり上の画像は時系列は違いますがリメイク世界線と同じ世界線での出来事。そしてザックスはクライシスコアのエンディング通り死亡しており、ザックスに擬態した他の人物であるという説です。

ソースには弱いな〜と思ったのですが、あながちありえない話ではないな〜と思ったのでご紹介しておきます。

その人物は以下の記事で紹介していますのでご覧ください。記事タイトルで既にネタバレしてますが基にしないでください(笑)

FF7R ローチェ 正体 【FF7R】ローチェは仲間?ザックス?第2作で再登場する可能性はあるのか考察

リメイク第2弾の補足事項

ここから先はストーリーの具体的な内容ではなく、細かい設定など知っておいたほうがいい内容を記載していきます。

特に頂いたコメントをもとにブラッシュアップしているので、かなり深いと思います(笑)

リメイクではなく続編

FF7R エアリス 花言葉

そもそも今回のFF7リメイクはいわゆるリメイクではなく、登場キャラによって再度作り変えたものだというコメントを頂きました。

今回のFF7リメイクは正式なオリジナルのリメイク作品では無くて、続編扱いで正式にはFF7R(E.C)とかだったりして。

原作にない設定がふんだんに盛り込まれていることもあり、設定が違うということはそもそも世界線が違うということ。すなわち新しい世界であるということ。

だから今回の内容は原作とは違うものであり、同じ内容をハイクオリティに作り変えるリメイクではなく、設定を大幅に変えてもう一度作り変えるという意味のリメイクであると考えた方がいいでしょう。

リーディングシュタイナー

そしてキーワードになるのがやはり「世界線」です。

ともなれば必然的に必要になる知識として、リーディングシュタイナーという用語があります。

そうです、私の愛してやまないシュタインズゲートからの引用です。

リーディングシュタイナーというのは、世界線が変わっても前の世界線の記憶を引き継ぐことのできる能力です。先に書いたように、セフィロスはMに世界を滅ぼされた世界線の記憶を維持しています。

シュタインズゲートの中では何度も世界線を変え、しかし登場キャラたちは改変前の記憶は消去されます。

主人公の岡部倫太郎を始め少数の人間にしかこのリーディングシュタイナーはありませんでしたが、FF7の中では多くの人物がリーディングシュタイナーを持っています。

つまりセフィロスだけではないのです。私の考察ではエアリス、クラウド、そしてレッド13、さらにはルーファウスやツォンもこの力を持っていると睨んでいます。

FF7R エアリス 世界線 【FF7R】クラウドとエアリスが他の世界線の記憶を持つ根拠まとめ【セリフ考察】

黄色い花の花言葉は「再会」

そしてもう一つ、先程の「世界線」というキーワードの他に、 「再会」もキーワードとして存在すると思います。

エアリスと初めて会った時、こんなシーンがありましたね。

FF7R エアリス 花言葉

このシーンが実は大いなる伏線だったのです!

「再会」は周回しているエアリスにとってクラウドと「再会」。
クラウドの中に見えるザックスと「再会」。
我々、原作をした者と「再会」。いろいろな意味の再会ですね。

テーマの一つは「再会」。
コルネオのところのレズリー君も再会。

今、いろいろな章を巡っています。
やはり教会からの物語は胸熱です。 りら様より頂いたコメント

エアリスが他の世界線の記憶を持っているのはもはや共通認識です。

だとしたらエアリスは過去にも他の世界線でクラウドに会っているのです。つまりリメイクでのクラウドとの初対面はエアリスにとっては初対面ではないのです。

その他にも様々な人物が再会を果たしていることを考えると、FF7リメイクは「再会」をテーマにしたものだと考えられます。

さらに花の値段エアリスからのクラウドへのお礼だったという説があります。

FF7リメイク エアリス デート

エアリスと最初に出会ったとき。

原作は1ギルだが今回はタダ。これは原作版クラウドに対する恩返しであり、既にクラウドの事を認知していた。

そして、花言葉は『再会』、、、

完全に別世界の記憶があるエアリス。 いしやん様より

 この考察面白いですね!

「値段は相手みて決めるの」と言いつつもクラウドにはFREEという破格の値段設定です。これは前の世界線でクラウドがエアリスを助けるために一生懸命に行動してくれたことに対するお礼と取ることもできます。

今回のエアリスが何かを知っているのはアルティマニアにも書かれていることから見ても確定事項なのです。だからこそ今回の再会ではクラウドへのお礼としてタダ!という価格なのでしょう。

ジェノバとMは同じ種族

FF7R ジェノバ 正体

常に物語の中心にいつジェノバ。

ジェノバは2000年前に宇宙からやってきた言うなれば宇宙人です。セトラでも人類でもない他の種族なのです。

そしてMも宇宙人であり、2000年前にジェノバが襲来した際にともにやってきたという説なのです。

襲来当時にはセトラと人類が力を合わせてジェノバを撃退したことになっていますが、セフィロスに言わせれば、その際には人類がセトラを盾にジェノバを撃退したと言われています。

正史には語られていませんが、この時にジェノバだけでなくMもいたのはないかということ。つまり’空から来た厄災’はジェノバだけでなく、Mという存在もあったのです。

星のエネルギーをゆっくりと吸い尽くすウィルス的なMが居たのですかね。
ジェノバの由来は他の星からのウイルスでしたよね。ジェノバが来た時、1体で来たのでしょうか。ジェノバの他にも時空を操る化け物がライフストリームに溶け込んでいる可能性があったとか。 joker様より

そしてMはジェノバ同様に不思議な力が備わっているのです。

ジェノバはジェノバ細胞の能力を見てもわかるように、不老不死になったり、相手の思考を読み取ってそのままに姿を変えたりする力があります。

それと同様にMにも特殊能力があり、それが世界線に干渉し時空を歪めるという超絶すごい能力なのです。これは言うまでもなく’人知を超えた力’です。

これに対抗しうる手段はあるのでしょうか?

クジャタ

あのセフィロスがクラウドに助けを求めるレベルです。

「ガンジーでも助走つけて殴るレベル」みたいで面白いですね(笑)

さらにこのような考察もあります。

あくまで考察なのですが、
今まで見てきたセフィロスは全部ジェノバで、
異世界に居た(終末の7秒前 発言)セフィロスこそ、本物のセフィロス。
今回リメイクの敵は、まさにジェノバなのでは??
と、思っています(≧∀≦)

そうなれば、まだまだセフィロス様が拝めますよ!笑 joker様より

基本的に作中に登場するセフィロスはだいたいがセフィロスコピー、つまりは黒マントの男であり、もっというとジェノバ細胞を埋め込まれ精神異常を起こした方々なのです。

FF7R マルカート 正体

そしてセフィロスの頭の中にあるジェノバに擬態させられている方々なのです。

だから本当のセフィロスとはまだ遭遇していないのです。原作でもそうでしたが、セフィロスの本体は北の大空洞にありました。そこから分身を操ってクラウドたちの前に現れました。

つまり原作世界線でセフィロス本体との初対面はDISC2にて大氷河の奥、モルボルの多く巣食う絶壁を超えた更に奥、ウェポンの封印されている空間にいるセフィロスに黒マテリアを渡した瞬間でした。

そのため今回のリメイクにてついにジェノバの正体も明らかになり、さらに23年にわたったジェノバとの因縁を断ち切ることになるといいな〜と思います。

FF7R ジェノバ 正体 【FF7R】マルカートや黒マントの男の正体と入れ墨を説明・考察する

まとめ

原作と同じ世界線ではない、これが前提です。

さらにフィーラーもいないことにより、Mが世界を飲み込んでしまうことも、エアリスもザックスもビッすもウェッジもジェシーも生存する世界線になっている可能性は0ではないのです。

まだまだわからない部分はたくさんありますが、ひとまず現段階でわかることをまとめてみました。

Mの存在がどこまで関わってくるのかが非常に重要です。Mに関する情報がまだまだ不足しているため、皆さんの知恵を貸してください!

ページ最下部にあるコメント欄にて、ぜひコメントいただけると嬉しいです!

14 COMMENTS

コタロー

長々と書いて全部消えたので思い付いた事を箇条書き
・リメイクの世界は2周目。他の世界線は無い。リーディングシュタイナーが数多くいるのに1周目の記憶しかフラッシュバックしてないため。結果は同じであれ何の変化も無いというのはまず無い。

・2周目ならばザックスも当然リメイク世界では生きている。そしてメテオ襲来前にMが来る事はない。1周目で来てないので。

・セフィロスはループの元凶ではない。元凶はM。セフィロスは原作通りで良いと思っている。でもMはムカつくから倒したいわ~。

・セフィロスはMにばれないようにザックスを生存させている。目的はクラウドと共闘させること。原作通り自分を倒せるほどクラウドを成長させたいから基本原作は守る。自分を倒した後にクラウドをMにぶつける。だが不安なのでザックスもつけちゃえ。ジェネシスもつけとこか~?

・エアリスも殺すで~。フリやけどな。Mにばれんようにザックスと隠れとき。最後にサプライズでクラウドの元に返してあげるで~。みんなでM倒してや~

・M『エアリスは実は星を壊す存在やで。利用したろ。セフィロスはしくじりよったしなぁ。よっしゃループさせたろ』

・M『あかんセフィロス強いわ。ワシ、ループとフィーラーしか使えんし。とりあえずフィーラーでエアリス守る事だけに集中しよ。』

・M『エアリスの死亡は回避させるで。でもワシ倒せるんエアリスだけやしセフィロスにばれんように慎重にな。原作通り進めて最後にドカンやで』

・セ『全部ばれとるで。エアリス殺すで(嘘)。原作通りでええねん。でもラストで生きとった事実教えたろ。ほんならM出てきよるやろ?そこでドカンやで。でも星を壊す力はもう無いで。ワシが抜き取ってそのままワシごと宇宙でドカンするからな。あとはクラウドとエアリスとザックスおったらなんとかしよるやろ』

・M『ほ~ん?別にええでまたやり直すしな。…あれ?なんでループできんのや?フィーラー裏切りよったな?あぁ~!』

・ク『やったでセフィロスはん。安らかにな。』

・セ『はい嘘~!生きてました~!こんだけ強くなったクラウドはんと戦ってみたいわ。それとも一緒に裏ボス倒しに行く?FFXの星にもライフストリームみたいなんあるらしいな。そっちで神になるんもええなぁ。君らはここで頑張るんやで』

・ク『やっぱりここでドカンしとこかコイツ。』

以上、妄想でした。

返信する
クジャタ

コタローさん

何度もコメントありがとうございます!

考察が難しくて返信に時間がかかりました(言い訳)
まだ理解が不完全なため、後ほど質問させてください。

つまり、セフィロスもMを打倒する目的でザックスを生かし、クラウドたちの戦力としようとしている。
だからフィーラーを倒させることによりザックス生存ルートを作ったと。
その他にジェネシスなどのツワモノも残す可能性はありますね!

ただすみません、私の頭では理解できなかった部分があり教えて下さい!

・2周目ならばザックスも当然リメイク世界では生きている。
→確かに生きている可能性はあると思いますが、
「当然」といえる根拠はどういうことなんでしょうか?

・M『エアリスは実は星を壊す存在やで。利用したろ。セフィロスはしくじりよったしなぁ。よっしゃループさせたろ』
→エアリスは星を壊す存在というのはなぜですか?
基本的にセフィロス的にはメテオを撃退される唯一の存在ですが、
M視点で考えてもエアリスは何かしらMに対抗手段を持っていると思われます。

またセフィロスを利用する、というのはどのような意味ですか?
Mがエアリスを殺そうとする目的でセフィロスをぶつけたが、
フィーラーによりエアリスを殺せなかったということですか?

そしてセフィロスがエアリスを殺す事ができる世界になるまで、
何度もセフィロスをループさせているということでしょうか?

・M『エアリスの死亡は回避させるで。でもワシ倒せるんエアリスだけやしセフィロスにばれんように慎重にな。原作通り進めて最後にドカンやで』
→先程の話ともかぶりますが、エアリスはMを倒す切り札となる。
だからMにとってはエアリスを殺すべきなんですよね。

その上でエアリスの死亡を回避させるのはなぜでしょうか?
なぜそのことをセフィロスにバレないようにするのでしょうか?

主に質問になってしまい申し訳ありませんが、
時間がある時に教えて下さい!

返信する
joker

たびたびお邪魔 致します。
なんと!?
2度もコメントを引用いただき、光栄です(*^^*)
今回、もやもやに思っていることをクジャタ様に、お預けしてしまいたいと思い懲りずに投稿させていただきます!
これらの疑問が少しでも考察の役に立てばと思い(ただの荒らし…)コメント致します。

クライシスコアからの疑問…
・ミネルヴァの存在(謎の大空洞とは)セフィロスのいた北の大空洞と同じ??
・ジェネシスはライフストリームに包まれミネルヴァに会うが、そっぽ向かれて認められなかった…様子。セフィロスもミネルヴァに挑んだのでは??ミネルヴァ=M?
・LOVELESS=古代種の残した古文書?エアリス(古代種)にしか解けないギミック付き最終章が存在している?
・ライフストリームの中にいる、溶けない精神体(自我を持った生命体)が存在するのでは??
例えば、セフィロスがライフストリームに落ちる以前から居る存在(召喚獣など)

全体を通して疑問に思っていること。
①エアリスの遺した言葉 全文(別れの物語展より)
「空、嫌いだな 大切な人、連れてっちゃうから」
「スタンプ!スタンプ!? ……そっか 君もいなくなっちゃうんだ」

スタンプの写真が原作とリメイクでは違う。エアリスから忠犬スタンプの名前が原作より出てきていた。

②ザックスの身体
生存ルート、死亡ルート共通
シスネ、タークス達が監視?

③ 召喚獣の重要性(特にナイツオブラウンド)最近のFFは召喚獣にストーリーを用意していることが多い。

④神羅ビルでのプロジェクター映像
見学ツアーで魅せられた映像の中にメテオ襲来(未来に起こるうる事象)が流れる。
クラウドはエアリスのホーリーを知っている。

⑤クラウドの血族
セフィロスに刺されても刀ごと持ち上げる馬鹿力…実験体前なのに。
古代種やジェノバとは違う、何か別の血族??

といった疑問と考察です。
コメント拾っていただき、ほんとに嬉しかったです(*^^*)
ありがとうございました!

返信する
クジャタ

jokerさん

こちらこそ何度もコメント頂きありがとうございます!

まず謝罪なんですが、
クライシスコアについてですが、実はあまり覚えてないんですよ(泣)
FF7本編ばかりやっていてクライシスコアの内容は正直うろ覚えです。
だからそんなに深くはわからないのです・・・申し訳ないです!

そのためリメイクからの疑問にお答えします。

①「空、嫌いだな」に関してですが、
調べてみると様々な考察がありました。

1つ目は、クライシスコアの終盤のザックスのセリフ、
「あの子、当たり前の空を怖いと言ったんだ」からの引用だとする説。

次に北米版のセリフの考察になりますが、
英語版だと「I miss the plate sky」になっているそうです。
これを和訳すると「私はプレートの空がなくて寂しい」になります。

つまりミッドガルを脱出した後にはプレートの空がなくなることで、
いつも同じ空、というわけにはいかなくなる。

だから何が起こるかわからないことの比喩である「いつもと違う空」が怖いとする説。

最後に空はかつてジェノバが降ってきた、
すべての因縁の始まりだから、とする説もあります。

個人的にはすべての考察が当てはまると思います。
かなり深い意味が込められていると考えていいでしょう。

②ザックスの生存ルートですが、
これに関しては未だに賛否両論です。

ザックスが生存した描写は原作、リメイク世界線とは別の世界線説もありましたが、
同じ世界線であるとする説もあります。

つまり、本当のザックスは神羅兵との戦闘で死亡してしまい、
その後ジェノバ細胞を持つものが自己をザックスに擬態させた。
だからあのザックスはザックスではないという説もあります。

この説が正しいと仮定すると、
リメイク世界線はザックス死亡ルートであるということになります。

その記事はこちらの記事こちらの記事になるので、よろしければご覧ください!

③召喚獣に関してですが、
それもありそうですね〜!

リメイク第1弾だとまだまだ召喚獣の数が少なかったのでなんとも言えませんが、
第2弾以降だと新たな召喚獣が登場する見込みです。

シヴァやイフリートなどが他の世界線での記憶を語り始めたり、
・・・したら面白いですね!!

④見学ツアーのときもそうですが、
初めて五番街についた時の掲示板のところでもクラウドが七番街プレートの崩落のイメージが浮かぶシーンがあります。

このことから見てもクラウドも他の世界線の記憶があることは間違いないと思います。

⑤確かにそうですね(笑)
ニブルヘイム魔晄炉でセフィロスんぽ正宗を持ち上げたシーンですが、
おっしゃるとおりあの段階ではまだクラウドは実験前です。

しかし一応ソルジャー試験的なものを受けた段階で、
魔晄を浴びるとともにジェノバ細胞を埋め込まれているとしたら、
あの馬鹿力もあり得るのではないでしょうか?

普段は一般兵士の力しか出ていないとしても、
危機に応じてソルジャーを超す力を引き出したのかもしれません!

こちらこそ何度も新しい視点をいただきありがとうございます!
また新たな記事のネタにもなりますので、今後も情報提供をお願いします!

返信する
joker

お返事いただき、ありがとうございます(*^^*)
今回も長いですが…お許しを(>__<)

返信する
コタロー

返信ありがとうございます(*^-^)
妄想を書き綴っただけなので根拠はありません汗

ザックス生存とリメイク世界が同一世界線だということについては世界線が原作とリメイクの二本しかないと考えているからです。ザックス生存ルートがリメイクラストで表現されたのでリメイクの世界ではザックスが生きている事になります。
セフィロスを利用するというのは、Mという存在がいると過程してその目的が星を破壊する事だとした場合、メテオを利用したいと考えたのかなと思いました。しかし原作での通りセフィロスは失敗します。なのでコイツあかんわ。他誰かおらんかな?エアリス使えるかも知れんな。よっしゃループしたろ。いつがええかな?セフィロスがエアリスに関わる前がええな。CCの時代ぐらいでええか。ほんでフィーラー使ってセフィロス殺したろ。あかん無理。コイツ強いわ。取り敢えず原作通り進めてたらどっかでチャンスあるやろ。みたいなことからリメイクが始まってるのかなと思いました。
エアリスが星を破壊出来る存在ってのは何の根拠もありません。ホーリーの力を悪用するのかもしれません。そもそもMの存在と目的を仮定してるのでこれも仮定です。

Mの目的はエアリスを殺す事ではありません。ホーリーの暴発を引き起こす等の方法で星を壊したい。なのでどうせ失敗するセフィロスに殺されては困るはずです。しかしその逆もしかりでホーリーはMをも倒せる力があるから慎重に事をを進めたいところ。

セフィロスにばれたくないというのは、セフィロスはMの企みを知っていて、Mもそれを知っている。そしてMの目的を阻止するためにセフィロスはエアリスを殺したい(死んだと思わせたい)。Mは逆にセフィロスにエアリスが死んだと思わせたい。ややこしい。
セフィロスからしたらエアリスは別に死んでても良いのですがMを倒す為に必要と考える。倒さないとループさせられるだけだから。

ループの元凶がMだと仮定して、Mという存在自体は直接星を破壊出来る力は無いのかなと思っています。なので何かしらを利用するのではと考えました。

この妄想の根底は個人的な理想です。セフィロスには原作でクラウドに敗北した事に満足しているからMの思惑通りには進めたくない。ザックスもエアリスも生存していて欲しい。という2つの僕の理想から考えられているので根底もなく、およそ考察と呼べるものではないです。
すみません汗

ただやはりリーディングシュタイナーがあれだけいて、結果は変わらずとも過程まで同じ内容のフラッシュバックしか今のところないので世界線は二本しかない。もしくは世界が何かしらの原因でやり直され、前世の記憶を保持したまま進む人間のいる2週目の世界かなぁと思ったりしてます。

返信する
コタロー

上手く質問に答えれてませんでしたね。
セフィロスが利用されたのは原作です。
しかし、そもそもMがループの元凶でメテオを利用したいならばエアリスを含め古代種絶滅ルートを作ればOKな為、僕の希望的観測は破綻してますね。
Mそのものに星を壊す力がありタイムリープの力があるとして、ただ星を破壊するのが目的ならセフィロスが生まれる前にループさせれば良いだけですし。

Mの目的は星の破壊ではなく第二のジェノバ?
Mがメテオに乗ってやって来た第二のジェノバ的存在だとして、メテオ以前にループさせて宇宙からメテオ成功に干渉してるとか。だとしたらMはセフィロスの味方をするはずだし、エアリスを殺すはず。

Mがいつ来たのか。最初からいたのか。最初からいたなら古代種絶滅させれば良いし、後から来たならセフィロスと敵対する必要もないしエアリス殺す。

ジェノバと同じ目的の別生物が宇宙をフラフラしてたら、たまたまメテオが通りかかって乗って行ったらライフストリームとかいう凄いエネルギーを関知して横取りしたろって考えてたら到着前にホーリーに撃退されて、もっかいチャレンジや!ってなってループさせたけど、実はセフィロスは知っててMにばれないように暗躍してるって世界がリメイク世界?
だとしてもエアリスは殺しますよね。原作より早く殺しても良いぐらいですよね。

書いてて意味不明になりましたがどうやら僕の頭ではエアリスは死ぬ事になってしまいました。
すまんエアリス。
Mがループの元凶だと考えるからダメなのかな。

なんとかエアリスもザックスも生存できる展開で誰か考察しておくれー

何度もコメントすみません泣

返信する
クジャタ

コタローさん

お久しぶりです!

いつもながらなかなか難しい考察ですね(笑)
100%理解できたわけではないのですが、以下の部分をみたら少しわかったような気がします。

「ジェノバと同じ目的の別生物が宇宙をフラフラしてたら、たまたまメテオが通りかかって乗って行ったらライフストリームとかいう凄いエネルギーを関知して横取りしたろって考えてたら到着前にホーリーに撃退されて、もっかいチャレンジや!ってなってループさせたけど、実はセフィロスは知っててMにばれないように暗躍してるって世界がリメイク世界?」

少なくともMがループの元凶であることは間違いない。
そしてジェノバの意志(セフィロスの意志)によりメテオが呼ばれ、
そのメテオにひっついていたMでしたが原作通りにホーリーにより撃退される。

撃退された世界線もあればそうでない世界線もある。
そして後者の世界で始まったMによるループが何度も繰り返されている。
この点でセフィロスとMの目的は対抗してますね。

エアリスのホーリーが星を壊す可能性があれば確かにそうですね。
Mはメテオが撃退されればループを引き起こす。
つまりホーリー発動がループの引き金。
しかしこれはセフィロスの望まない世界。

Mの目的が星の破壊であればホーリーを唱えるエアリスは殺さなければいけない。
セフィロスもMのループを避けるためにエアリスを殺さなければいけない。
いずれにせよエアリスがラスボスたちのキーワードだということですかね。

そしてこの説だとエアリスの死は避けられない事象であり、
結果的に原作世界線と同じ。
だから過程こそ違えど同じ結末に収束することから
途中まで原作世界線であり(おそらくエアリスとクラウドが会うころまで?)
その後原作世界線から変動が起こりリメイク世界線になったということですかね。

私の説だとザックスが生きているのはやはりおかしいですね(笑)
そうなるとやはりローチェ=ザックス説を考慮するしかないようですね・・・
ご都合主義満載の説ですが、こちらもご覧ください!
https://xn--ff–mania-nw4hqcxqko.com/archives/2616https://xn--ff–mania-nw4hqcxqko.com/archives/2616

再度ループ説については検証していきますので、
また何でもコメントいただければと思います!いつもありがとうございます!

返信する
犬島やすし

初コメです。
納得いく考察ばかりで面白かったです。
妄想が捗りました。
ありがとうございました。

主さんとはちょっと違う視点で考察ができたので、参考になればと思います。

<新たなリユニオン>
FF7Rのセフィロスは序盤からクラウドにかまっています。
言い換えるとリユニオンを誘導していると思われます。
原作にない過剰な誘導を行っているのは、別世界線から来たセフィロスだからではないでしょうか。
原作では、大空洞で眠っている本物のセフィロスは、クラウドと黒マテリアを自分の所まで誘導しました。
それに対して別世界線のセフィロスは、また別の本物セフィロスへ誘導しているのでは……という疑惑が自分の中で生まれました。

<特異点に謎パワーが集まる?>
ここからは妄想ですが、別世界セフィロスは複数の世界線を行き来し、それぞれの世界でクラウドを一点に誘導しているんじゃないかなと。
そこが特異点になり、運命(M)に抗う力をセフィロスは得るのかもしれません。(黒マテリア以上のマテリアが出来上がるとか?)

<ザックス生存の意味>
特異点説を前提に考えると、ザックスが生存した世界線に意味が出てきます。
ザックスがいると、おそらくクラウドは廃人のままなのでリユニオンは成功しません。
クラウド以外のセフィロスコピーがリユニオンを成功する可能性はゼロではないですが低いでしょう。
つまりFF7R世界線でのクラウドが最後のリユニオン成功例になりえるのです。

<エアリスが犯人?>
18章でエアリスはセフィロスを強く否定していました。
なのでエアリスが望んだ結果、ザックス生存の世界線が生まれたのでしょう。
ただ、自分で書いておいて何ですが”エアリスがそんなことするかな?”という疑念もあるので、あまり自信はないです。(^^;

しかし次作以降は大空洞セフィロスと別世界セフィロスの2つのリユニオンでストーリー展開していく、という予想は自信あります。

以上です。コメント拾ってもらえたらうれしいです。

返信する
クジャタ

犬島やすしさん

コメントいただきありがとうございます!

新たな視点をありがとうございます!

たしかに今回のセフィロスは原作よりも早い段階から、頻繁にクラウドに接触してきますね。
自分を印象づけて後を追わせることでリユニオンを促している可能性高いです!

自分を追わせリユニオン成功の際にMに対抗する力を持つ、これが特異点。
そうなればセフィロスに呼ばれているというよりもジェノバに呼ばれてますね。

確かにザックスが生きている=クラウドはティファに会う必然性もないので未だ廃人説が濃厚です。
おそらく今回のセフィロスが複数世界線を移動しているというのは間違いないと思います。
また基本的にセフィロス=ジェノバの意志と考えると、ジェノバにもM同様の力があってもおかしくないですよね。

同様にエアリスにもそのような力があり、
彼女の場合にはザックス生存を望んだからそんな世界線が生まれたというのも面白いと思います。
「自分の好きなように世界を改変できる」のは涼宮ハルヒ的な感じもしますが、
そのような存在は一般的に神と呼ばれていますね。

ザックス生存ルートは誰がそうしたんでしょうかね?
FF7の世界における改変者=神は誰なんでしょうか?

やっぱりその中心にいるのは複数世界線にまたがるセフィロス=ジェノバ、そしてMとエアリスですね。
第2弾ではこの辺がストーリーの中心になるのは私も自信あります!

コメント遅くなってしまってすみませんでした。
また気づいたことがあれば教えて下さい!
今後ともよろしくおねがいします!

返信する
joker

お返事いただき、ありがとうございます(*^^*)
今回も長いですが…お許しを。

クライシスコア、たしかに感動と悲しみが強すぎてジェネシスのこととか記憶の片隅ですよね。笑
どこかに、まとめ動画があったような…

召喚獣で、リヴァイアサンがすでに出てくるのは何か引っかかるのです。
チャドリーとの最後の会話からも、なんらかの技術が革新的に飛躍しており、あの召喚獣は擬似的(データ等)な物で、本物の召喚獣(めっちゃ喋る…)が2ndで登場するのでは?と思っています!
ナイツオブラウンドはセトラの守護者(12神将)だった。という勝手な妄想。笑

ここで1つの疑問ですが、
フィーラー達が望む運命とは何だったのでしょう?
・メテオをミッドガルに落とすこと?
・セフィロスを倒すこと?
・ホーリーをエアリスに唱えさせること?(ホーリー発動の条件も気になるところ)
・古代種セトラを絶滅させること?
・ザックスを死亡させること?
・ジェノバ細胞をリユニオンさせること?(討伐しやすいように)
・ウェポン達を起こすこと?
・星の寿命が決まっていること?
…と、いろいろと考えてしまいました。

リメイクのエンディング直前、
フィーラーが消失して、光のカケラが降ってきました。

マーレさん達に光のカケラが降り注いだ時間のミッドガル
と、
ザックスから見たミッドガルは同じ時間だったのでしょうか。フィーラーは全ての時間、空間を行き来できるとすると…ザックスの時間軸はオープニングより前の話?

そこにクラウドやエアリス達がすれ違った。
ではなく、ザックスとクラウド(中毒)が辿った後のことを残像として映し出した。=過去改変された。と解釈しています。
エアリス達の立ち位置(ミッドガル手間)と、ザックス達の立ち位置(ミッドガルはまだまだ)が 明らかに違いました。
フィーラーを消滅させたことで、ザックスの生きる理由が生まれたのでは?と想像しております。
フィーラーの望む運命(星の運命)は決まっており、答えを導き出すのであれば、式はどうだって構わない。という考え方でしょうか。

本当に妄想ですが、クラウド達がフィーラーと戦っている間に過去改変が起き、オープニングからザックスはミッドガルに居た。(傷を癒している最中、意識を取り戻したクラウドに剣を持ち逃げされる。)そして、クラウド達を追っている時にビッグス・ウェッジ・ジェシー達を助け出していた。そのあと、エアリスやクラウド達を追いかける一人旅に…
再開の希望としては、エアリスがジェノバSに刺される時、ザックスがギリギリ間に合って止めに入ってくれると嬉しいですね。

《本物のセフィロス》
ジェノバが母では無いと知ったセフィロスこそが本物のセフィロス。(Rエンディングの意識世界)
今まで見てきたのは全てジェノバ。
プレイヤーが最後にセフィロスを見たのはクラウドに投げ飛ばされ、魔晄炉に落ちた時。原作のラスボスもジェノバ。ACのセフィロスも偽物。

原作 イファルナの証言からは、
ジェノバは巧みに化け、親しげに近寄りウイルスを与えた。ウイルスに侵されたセトラは心を失いモンスターに…

英雄と呼ばれたセフィロス。ジェノバはそこを巧みに利用したのでは?皆が知っている英雄に擬態し、宝条博士の勘違いも利用して、ジェノバは自分の細胞集めを始めた…

対する本物のセフィロスは魔晄の中でジェノバに利用されていることに気づき、自身の意識を精神世界に留まらせた。これから起こることをライフストリームから学び、フィーラー撃破後にクラウドを精神世界へ呼び出す。(←ここ、すごく疑問なんです。原作、リメイク共にセフィロスはクラウドだけを精神世界に呼び出すことができる。)

リメイク2ndでは、セフィロスを追うことが目標のようですので、ナンバリングコピーを倒しながらジェノバ細胞を滅していくのではないでしょうか。
以上、続きの考察でした。長々と申し訳ありません。

返信する
クジャタ

jokerさん

大変おまたせしております!
またまたコメントありがとうございます!

召喚獣ごとの設定なんかもあればアツいですね!(笑)
ナイツオブラウンドの設定いいですね!
FF6だとオーディーンのように設定の中で実際に存在した場合もありますから、
昔セトラに仕えていた、なんてあってもいいですね!
ただサボテンダーとかカーバンクルはどセトラのペットっぽいですね(笑)

分かりやすい考察をありがとうございます!

まずフィーラーの目的、彼らの望む事象もはっきりしません。
原作世界線を忠実に再現すること、ではないと思っています。
キャラのセリフ一つ一つには原作と異なる部分が多く、
また原作になかったイベントが多く存在するけれどもフィーラーが動かなかった。

しかし伍番魔晄炉爆破ミッションの際にクラウドがメンバーから外された時、
フィーラーは動きました。

このことから、具体的には言えませんが、
フィーラー的に「絶対に起こさなければいけない事象」と「そうでもない事象」があるはず。
例えばクラウドが伍番魔晄炉ミッションに向かうことは前者だけど、
向かう際の電車の中でクラウドがティファに「こわいね、だって?」と叱りつけることは後者、
フィーラー的にはどうでもいいこと。だからリメイクのように優しく抱きしめながら飛び降りたところでなんとも思わないのでしょう。

次にザックスの描写ですが、概ね同意です。めっちゃ面白い内容ですね!

クラウド(廃)を抱えたザックスシーンの時系列はさすがに本編とは異なる時間軸であり過去です。
フィーラーを倒したことで過去改変が起き、ザックスが生存する事になった。
その時点で元いたリメイク世界線(原作世界線とは異なる)から他の世界線に分岐した。

そして何かのきっかけでクラウドと離れ、その際にバスターソードを持ち逃げされるw
その後セフィロス戦やM戦、ジェノバ戦でピンチの時に颯爽とザックスがやってきたら、泣きます(笑)
クラウドとザックスが共闘するわけですからこれまでにないほどの感動です。

多分この時点ではクラウドはザックスの記憶がないので、
ザックス「今は思い出せなくてもいい、ただ俺はお前を知っている」的な流れ、個人的に好きです(笑)

次にセフィロスですが、ここも同意です。
そもそも本体(物理的な身体)は大空洞にいる(はず)ですし、基本的にはジェノバの意識の集合体のようなものですし。
しかし時折一人称が違う時があるのでセフィロスの意識が強く出ている場合もあるようですね。
基本「私」ですが時々「オレ」になっているときがあります。

ジェノバもセフィロスの人気、知名度を利用したんでしょうね。
宝条がセフィロスにジェノバ細胞を埋め込んだのはたまたまだったんでしょうか?

そしてフィーラーから世界の真相を知り、
メテオ阻止を画策する敵の存在を知りクラウドに共闘を呼びかける。

精神世界にクラウドを呼べた理由ですが、
これも原作と同じくジェノバの力だと思っています。

竜巻の迷宮(大空洞周辺)を進むと過去のニブルヘイムの幻を見せたことがありましたね。
あれもセフィロス(ジェノバ)の力で過去の記憶を具現化したものだと考えれば、
セフィロスの意識や記憶をその場に再現する力は原作の頃からあったのではないかと・・・!

第2弾では原作とはだいぶ異なる世界になることが予想されますが、
セフィロスを追う設定になっていることはリメイクエンドからも明らかです。
今後もセフィロスに関しての記事をまとめていきますね!

いつも面白い考察ありがとうございます!

返信する
アムロ

クジャタさんの正直な予想が聞きたいです。

エアリスの生存ルートの実装はあるのか!?

さあどっち!

・ある
・ない

私は「ある」と考えます。

続編については、よく言われている「ループ説」これから起きるネガティブ「エアリスの死」などを変える為、クラウド達が奮闘していくのかと考えています。
エアリスの悲しい運命、これこそFF7を代表する事象だと言う人もいますよね。
でもいいじゃありませんか!エアリスが幸せになったって!
オリジナル版から23年間もの間彼女は悲しみを背負ってきたのですから!
心の底から幸せになってほしいです。

あ、、

泣いちゃう。

返信する
クジャタ

アムロさん

コメントありがとうございます!

クジャタ的にはですね、
エアリスは生存するかどうかわからないところで終了すると思います。

確かにアムロさんの言うようにエアリス生存ルートは私自身も願っているところですが、
原作厨の方々を敵に回すようなことをスクエニサイドはしないように思ってます。

第1弾では大幅にストーリーが変更されて、今後も大幅改変が予想されています。
今後もおそらく改変された新しいストーリーが準備されていると思います。

おそらくセフィロスを超えるボスを倒すところまでが第2弾の内容で、
その後原作どおりにセフィロスと戦う流れになったところで原作の世界線に合流する・・・
みたいな流れなのかな〜と思ってます。

クラウド「これで世界を滅ぼす敵はいなくなった。後はセフィロスだけだ!さて、古代種の神殿にある黒マテリアを取りに行くぞ!」

というエアリス死亡フラグをたて、古代種の都にたどり着いたところでシーンアウトかなと。

ただ個人的にはストーリー改変は全然してもらって構わないですし、
当然ザックスとエアリスのハッピーエンドもみたいです!

今回のエアリスは自分が死ぬことをわかって行動しているため、
かつてのエアリスよりも儚く感じます。
だからこそ幸せになってほしいんですよね〜。

ザックス生存説も割とリアルですし、
他の方からいかのようなコメントを頂いてます。

「本当に妄想ですが、クラウド達がフィーラーと戦っている間に過去改変が起き、オープニングからザックスはミッドガルに居た。
(傷を癒している最中、意識を取り戻したクラウドに剣を持ち逃げされる。)

そして、クラウド達を追っている時にビッグス・ウェッジ・ジェシー達を助け出していた。
そのあと、エアリスやクラウド達を追いかける一人旅に…

再開の希望としては、エアリスがジェノバSに刺される時、ザックスがギリギリ間に合って止めに入ってくれると嬉しいですね。」

こんな展開だったらめちゃアツいですね!
死んだと思っていたキャラが生きていてピンチの時に助けてくれるやつです!

エアリス「え・・・うそ・・・ザックス!」
ザックス「エアリス!久しぶりだな!とりあえず話はアイツを片付けてからだ!」
クラウド「・・・う!ザッ・・・・クス!ザックス!」

みたいな展開になることが私の願いです。
しかしスクエニさんはおそらくフィーラー同様に原作の内容を望んでいるような気がしてなりません。。。

みんな生きていてほしいですね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA