【FF7リメイク】セフィロスが仲間になる説の根拠3つまとめてみた

FF7R セフィロス セリフ 考察

クジャタ

どうもこんにちはクジャタです。今回はFF7リメイクにてセフィロスが仲間になるという説の根拠をまとめていきます!

 

これまで完全なる悪役というイメージのセフィロスさん。もちろん今作のリメイクでもそれはずれないのですが、次回作でまさかの共闘する可能性が浮上しました。

 

そのためいかにしてセフィロスさんと共闘に至るのかを説明していきます!

FF7リメイクにてセフィロスが仲間になる説

ご存知のように、今作のFF7リメイクは原作FF7のパラレルワールドとなっております。これはフィーラーの正体を考察していくとよく分かると思います。

完全なる悪党であるイメージのセフィロスさん。彼はニブルヘイムを焼き払い、その際にクラウドとティファの家族も皆殺しにした過去もあります。

その上で大勢の人を殺した事実もあり、クラウドからしたら言うまでもなく敵です。

いかにしてセフィロスと仲間になるのか説明していきます。

セフィロスを超える敵の存在

物語終盤にてセフィロスは印象的な謎めいたセリフをたくさん言ってます。

普通にプレイしていると理解できないので、なんとなく聞き流してそのまま戦闘に入りそして撃破している方が大半だと思います。

しかし彼のセリフを読み解いていくとセフィロスを超える強大な敵の存在を示唆する内容でした。「セフィロスのセリフの意味を考察してみた」でも紹介しているのでこちらも併せてご覧ください。

 

むしろこの記事の内容理解が前提の記事になっているので、先に読んでくださいね!

FF7リメイク セフィロス セリフの意味 【FF7R】セフィロスのセリフの意味をわかりやすく説明していく

上記の記事をざっくりと説明すると、セフィロスの目的を達成するためにどうしても倒さないといけない敵が現れたということです。

セフィロスの目的というのは言うまでもなく、メテオを呼び、この星の支配者になることです。

これを達成することは原作の物語ではクラウドたちに撃退されたことにより不可能になりました。これが運命の本流であり、フィーラーにとっても守るべき運命です。

つまりセフィロスがメテオを呼ぶ→クラウドが撃退する、というのがこの世界に定められた運命なのです。

そしてこれを妨害する敵が現れ、セフィロスは他の世界線で何度もこの敵を排除するために戦い、そして破れたのです。

フィーラーとともに敵を撃破

先述の通り、フィーラーは決められた運命を守る存在です。

つまりメテオが呼ばれないという事態はフィーラーにとっても避けるべき事態なので、その敵の存在を消したいという点でセフィロスと目的が一致しています。

だからこそセフィロスは物語終盤でフィーラーと結託してクラウドたちに戦いを挑んできたのです。

しかしリメイクでのセフィロスはクラウドに共闘を持ちかけるところを見ると、セフィロス&フィーラーの連合軍であってもその敵には勝てなかったのでしょう。

そのため今回のリメイクではセフィロスとフィーラー、そしてクラウドの目的は一致しているのです。

  • セフィロスは自分がメテオを呼ぶためにその敵を撃退したい
  • フィーラーはセフィロスにメテオを呼ばせ、本来の運命を維持したい
  • クラウドたちは世界を守るためにその敵を倒したい

ということでそれぞれ目的こそ違いますが、その敵を倒したいという部分では一致しており、その敵の撃退のためには手を組むことがあってもいいのかもしれません。

クラウドを仲間にスカウトした理由

FF7R クラウドの涙の理由

もうおわかりの通り、セフィロスの悲願であるメテオを呼び、そこに集まったライフストリームを我が物にするためにはその敵がいてはいけないのです。

しかし他の世界線で既にその敵に破れたセフィロスは自身の力が及ばないことを知り、誰か共に戦ってくれる強い戦士を探した時にヒットしたのがクラウドだったんでしょう。

クラウドもセフィロスに対して私怨がありますが、それ以前にこの世界を守りたいと思うことは間違い有りません。

だから目的が一致しており、なおかつ的に立ち向かえる強大な力を持った唯一の存在であったクラウドに「お前の力が必要だ」と迫ったのだと思います。

まとめ

セフィロスが敵であることは間違いないです。

しかしそれはあくまでこの世界が存在し続ける事が前提です。世界ごと滅ぼされてしまうとなれば話は別です。

どんな敵なのか、いまのところ考察の域を出ませんが、おそらくはアトラクタフィールド、すなわち世界線の収束に干渉できる存在であると考えています。

さらにリメイクの世界線では既にフィーラーが諸事情(クラウドたちに殺された)により存在しなくなっているので、もう何が起こるかわかりません。

私の予想だとその敵こそが次回作のラスボスであり、セフィロスとともに撃破した後に再度壱番魔晄炉爆破ミッションの時点にループ、そしてそこから原作の本流に戻る。

こうしてたどり着いた世界線こそ原作の世界線であり、フィーラーが守りたかった世界になるのかな〜と考えていたりします。

クジャタ

いかがですか?

FF7リメイク、めっちゃ深くないですか?(笑)

 

とんでもなく深い話になりましたので、以下にパラレルワールド検証記事を準備しているので、こちらも併せてご覧ください!

 

セフィロスが一時的に仲間になるルート、エアリス生存ルート、ザックス生存ルート、ジェシー生存ルートなど、多くの’あったかもしれない世界’を考察しています。

 

どれもこれもリメイクの世界線では有りえます。すべてが同時に叶えられる可能性もありますので、今後も考察を続けますね!未来は白紙です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA