【FF7】海外で人気なのはなぜ?日本よりも海外の方がすごいかもしれない

どうもこんにちはクジャタです。

海外でもFF7ファンが多くいるということで、地球が少しでも平和になればいいのにと思わんばかりの日々を送っています。前回はティファが海外で人気な理由について書いてみました。意外な理由に思わず笑ってしまいました笑

 

FF7って海外でもかなりの売り上げがあるらしいんですよ。そもそも日本のFF7を逆輸入して、そこで人気になったからこそのインターナショナル版の制作に繋がったわけですし。

FFシリーズの他のシリーズもおそらく海外で売られているんでしょうが、FF7のように特別仕様になることはあまりないように思います。

ですのでなぜここまでFF7が海外で人気になったのか、その理由を海外サイトで調べてみました。

海外でFF7が人気の理由

FF7タイトル画面

Why was Final Fantasy VII so popular?

(なぜFinalFantasyはここまで人気になったのか)

FF7の人気にはかなり多くの理由がある。

 

1 それがFFシリーズのゲームだから

 

FFシリーズ自体が圧倒的に成功しているから。そして日本のRPGゲームの中でも最も注目すべきゲームであり、DragonQuestのみがFFシリーズに匹敵する、というイメージが存在しているからだ。

 

FF7はかなり売れたFF6の次に出たシリーズであり、これまでのシリーズとは大きく変化しているところがあるんだ。3Dグラフィックのゲームだし、描かれ方も良かったし、最初にヨーロッパで発売されたシリーズだからかな。

 

 

2 FF7PSのゲームだから

 

FF7は当初、スーパーファミコンや任天堂64を意図して作られていたゲームなんだ。

 

でもPlayStatationでリリースされたゲームになったよね。そのことがこれまでで最高のゲームになった理由だと思うんだ。FF7の成功やPSの人気が完全にFF7の成功に貢献しているよ。

 

私(筆者)の同世代が初めてやったゲームっていうと大体PSなのはいうまでもないね。

エアリスと教会

 

 

3 FF7が超いいゲームだから

 

そもそも一流のゲームだから。

 

日本の徹底されたゲームに挑むことはかなり深くて難しいことなんだ。でもそれはかなり新しい友達にもなったんだ。FF7はいつも友達に勧めるためのゲームリストのトップに君臨し続けているんだ。

 

基本的にみんな自分でしたいゲームを選べるでしょ。それが徹底的に難しいゲームなのか。それとも簡単な操作性で物語に入っていけるやつとか。

 

 

音楽もいいしカットされてしまったシーンもかなり美しくなっているし、物語を進めるためだけのゲームではなくて、見るため聞くためのゲームとしてもいいかもしれないね。

 

私がFF7をやったことがなかった頃に妹がずっとやっていたことを思い出したよ。

 

 

4 FF7の物語やテーマ

FF7が出て以来、その後のシリーズのテーマが変わったんだ。

 

いい奴らが世界征服を企む悪い奴らに立ち向かうという単純なフォーミュラではなくなったんだ。FF7は環境問題や人間性やアイデンティティに関する精神的な問題も取り上げていたでしょ。

 

それが間違いなく多くの人を驚かせて、子供っぽさの残る主人公に引き込まれていったんだろう。

 

 

そして最後になるけれども、忘れたくても忘れられないエアリスの死である

 

これが衝撃的すぎて多くのプレイヤーに傷を負わせ続けたことはいうまでもない。私は当時椅子から飛び上がりそうになり、NOOOOOOと叫びそうになったもんだよ。

 

あのシーンが過去にやったゲームの中で、悲しかったシーンの上位にランクインしているよ。そこからエアリスを生き返らせることができない悲しい旅が始まるわけだよ。エアリスは死んだ。

 

そしてプレイヤーはゲームの大半を彼女のために泣きながら続けることになるのさ。

 

 

私はたまたまこのネタバレを、当時FF7をやっていた友人にばらしてしまったことがある。おそらく彼は今でも私のことを恨んでいるだろうhahahaha

https://www.quora.com/Why-was-Final-Fantasy-VII-so-popularより引用

※補足

アメリカの方の文章にしては非常に読みやすく、しっかりとした構成の文章でしたので非常に役しやすかったです笑

この方も言っているように、確かに「FF7がFFシリーズだから」ということや「直前のFF6が神ゲーだったから」という理由も確実にFF7のヒットの理由だと思います。

全く知らないゲームよりもFFだから面白いに違いないという信頼感。

 

それがきっかけで購入してみるとあらびっくり。6の世界観とも全く違って、魔晄炉なる近代的な設備ができています。

FF6の機械といえばフィガロ城の砂漠を越えるためのシステムくらいなもので、まだまだ科学の力を使い始めた段階にすぎません。

 

一方でFF7は機械文明が発達し、そのことによる問題が生じたところがスタート地点になっています。しかし魔法文化も残っており、古代と現代の融合が見事に調和した作品と言えるでしょう。

そこにエアリスの死というイベントも絡んできて、クラウドたちの目的がしっかりしてくるあたりからさらに面白さを感じることになるのだと思います。

また他の記事からの抜粋もありますのでご覧ください!

FF7は幼少期の思い出

FF7は初めて3Dで発売されたゲームなんだ。いくつか私のゲーム体験を他のゲームにはないユニークなものにしてくれたことを思い出したよ。

 

  1. ディスクが分かれている
  2. 作中の映像が美しかった
  3. 多くのアメリカ人がプレイした初めてのRPGだった
  4. やるだけでなくみるためのゲームでもある

 

これら4つをまとめて、他のゲームで味わうことのできない経験ができるだろう。

 

私が覚えているのはこのゲームについての小学校に上がる前くらいの話なんだけど、私は文字通り友達の家に学校帰りにどうでもいいことを言いながら向かっていたんだ。

 

 

このゲームは友人が何時間もずっとプレイしていたのを見ていたゲームのうちの一つであり、アートディレクションと途中の映像に感動したもんだよ。

 

うん、私はマリオとかソニックに感じたものと同じ感動をしていたのかな、いやそれよりも数段上だな。

FF7のいいところ

ティファがリーダー時にユフィとの遭遇

以下はFF7のいいところをいくつかまとめてみたぜ。

  1. 3Dグラフィックが素晴らしくマッチしている
  2. CGの数やそれが使われている映像の長さ
  3. 主人公の過去がわかる
  4. バレットのような強い味方
  5. パーティメンバーの死
  6. 言葉の使用(CG映像にある字幕のことだと予想)
  7. 奇妙な状況(クラウドの精神崩壊のことかな?)
  8. 本当にかっこいいマテリアシステム
  9. ミニゲーム(チョコボレース、Gバイク、スノボ)

 

FF7は大地を揺るがすようなゲームだったね。そしてそれがFF7が全時代の中で最高のゲームだとされる理由なんだろうね。他のゲームよりもバーを高く設定してあってさ、その中に昔懐かしさすら感じるよ。

 

https://www.quora.com/Why-was-Final-Fantasy-VII-so-popularより引用

まとめ

このように、やはり海外の方々は割とポエム風に硬い表現を使う方が多いのかもしれませんね。

私は普段口語しか使わないですし、文章も基本的にそんなに難しい言葉は使わないようにしています。まだまだ翻訳を始めたばかりなのでサンプルが少ないのでなんとも言えませんが、国民性の違いを感じ始めています。

 

しかし海外勢からのコメントがかなりボリューミーだったために、彼らの考えがよくわかりました。

多くの方に共通しているのは、FF7が最初にやり込んだゲームだということです。ということは、割と私と歳が近い方のコメントですね笑

 

私が初めてやったゲームはおそらくドラクエ5(SFC,SNES)ですので、その数年後にFF7が発売されたわけですから・・・・なんなら私よりも年下の方が書いたコメンかもしれません笑。歳をとるのは怖いですね笑

というわけで、今回は海外でFF7に対する評価がどのようになっているのか。なぜこんなに人気なのかをまとめてみました。このような結果になりましたので、ぜひワールドワイドに楽しんでいければと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA