【FF7】タークスのレノのゴーグルがかっこいい!グラサンという説も

FF7リメイク レノ

どうもこんにちはクジャタです。

昨日からタークス祭りとなっておりまして、レノさんについての記事を量産しております。

 

昨日書いた記事でいうと、レノさんのかっこよさをひたすら書き続けた記事と、レノさんのリメイク版での声優予想についてを書いてきました。

私は現在社会人として一応働いているつもりですが、レノさんの仕事観を受け継いでいるつもりです。レノさんの考え方を真似してここまでやってこれました。ですのでレノさんを心の師匠と勝手に呼んでいます笑。

そんなかっこよすぎるレノさんをよくみていたら、なんとゴーグルをかけていたのです。不覚にも気づいていませんでしたので、このゴーグつについて調べてみました。

ゴーグル・グラサンがかっこいい

そもそもあのゴーグルは本当にゴーグルなんでしょうか。

よーく見ると、あれはグラサンのようにも見えてきます。ですのでもう一度よーくみてみました。

やはりゴーグルのようですね。彼がアドベントチルドレンの時に大空洞上空でヘリを操縦しているシーンがありましたが、その時に初めてゴーグルをつけている意味がありました。それ以外の時はファッションでつけているために、ゴーグルの本領発揮したのはヘリを操縦している時だけになります。

それ以外にもカダージュを撃退するため、ミッドガル内でヘリを飛ばしていたこともありましたが、その時にゴーグルが映えますねー!これこそ本当の”バエ”です。

彼のゴーグルはヘリも操縦できるぞ、ということの伏線だったのかも知れません。

 

ちなみに「レノ ゴーグル」で調べると、レノさんのコスプレ用にあのゴーグルが販売されていました。ですのでレノさんのコスプレをする方、もしくは赤髪で端正なイケメンであり、「○○だぞ、と」が口癖であるという方は購入してみてもいいかもしれませんね。

タークス・レノがかっこいい

先ほども書きましたが、私はレノさんのことを師匠だと思っています。

彼の仕事観はかっこよくて、普段はサボってばっかりいるように見えるのに、いざという時にはしっかりと仕事をしている。仕事とそうでない時の切り替えが特にかっこいいと思います。私もオンオフをしっかりしたいと思いますが、業種的にまとまった休憩って取れないんですよね。

ですので常にサボりながら仕事をしているような状態が続いています。

だからレノさんのように仕事内容が多岐にわたる場合にも、しっかりと対応して結果に残すということが社会人なのかなと、隠ればせながら思っています。今後もレノさんを見習っていい感じにサボりたいと思います!

タークスという仕事

タークスとは、旧神羅カンパニー治安維持部門に属する組織であり、正式名称を総務部諜報課と言います。

一応総務部に位置付けられていますが、社員の給料を計算したり、社内の動向を社員に伝えるような働きではありません。クラウドに言わせると人さらい、殺しなどの汚い仕事を全般的に行う黒い組織だそうです。

そしてルードも「悪意に満ちた表現をするとそうなる」と肯定しています。

 

昔から汚い仕事というか、神羅カンパニーが表側でしたくない仕事を任せる組織となっており、過去にはニブルヘイム事件の生き残りであるザックスとクラウドの追跡、そして殺害を命じられたこともありました。

しかし当時のタークス・シスネはザックスと仲が良かったために、つい見逃してしまったこともあり、仕事とはいえ完全にオンとオフを切り分けているわけではないようです。やはり現場は現場社員の裁量で決めなければいけない時があるようですね。

 

実際にレノさんは休暇中だからという理由で、目の前のクラウドを見逃してくれたことがあり、その時には新米タークスのイリーナは真っ向から反発されていました。しかし結局イリーナはレノにより助けられる形となり、結果的にイリーナも肩の力の抜き方を覚えたのかな?と思います。

ですのでタークスという業務内容が決まっていない仕事にレノさんはプライドを持っているようです。

ルードとの相棒関係

レノさんがタークスの仕事を好んでいる理由の一つに、相棒のルードとの関係があると思います。

レノといえばルード、ルードといえばレノの大ファンというイメージが存在しています。レノもルードも直接的に感情表現をするタイプではないのですが、それでもお互いに対する信頼が見て取れています。いい関係性だと思います。

最初にレノとルードがセットで登場したのは実はゴンガガですね。

 

ミッドガルではレノだけ、ルードだけの登場となっていまして、ミスリルマインではまだレノが負傷中であり、この時にイリーナが新規加入していました。その後ジュノンでハゲの会に参加しているルードがいて、やはりゴンガガでの再会がレノとルードのセット初登場なのです。

もっと多かったようにも感じますが、意外です。これ以降彼らは基本行動を共にしていきます。ウータイでも一緒、8番街地下でも一緒、神羅潜水艦でも一緒。レノとルード、ニコイチなのです。

ルーファウスへの帰属意識

そして驚くべきことに、神羅カンパニー崩壊後、タークスはおろか神羅カンパニーが滅んだのちにも彼らはルーファウスの元にいます。

自分たちのしたことでミッドガルが、世界がなくなりかけたことを反省しての行動のようです。そして神羅亡き後もルーファウスに仕えているのはきっとタークスとしてのプロ意識。客観的には使える理由はないのに、それでも守り続けるのはレノさんがタークスだから。

そしてレノさんがやると決めた以上、ニコイチのルードももちろんやります。イリーナも偉大なる先輩方の決断には従って、今後の人生を決めていく指針とするつもりなのかもしれません。ですのでイリーナが少し成長した瞬間でした。

まあイリーナはHPが30000もありますので、すでに常人としての域をはるかに超えています。ですのでどんな仕事でもやっていけることでしょう。

まとめ

このように、途中からレノさんとタークスの関係みたいになってしまいましたが、レノさんが装着しているのはグラサンではなくゴーグルです。伊達ゴーグルではなく、時々ヘリを操縦することがあるのでガチゴーグルであることが判明しました。

私も偶然にも赤髪で口癖が「○○だぞ、と」ですし、超絶イケメンなので是非あのゴーグルを購入して、明日から職場に赴こうと思います。みんなきっと温かく迎えてくれることでしょう!明日が楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA