【FF7リメイク】召喚獣システムに興奮してきたんだが

どうもこんにちはクジャタです。

毎日のようにFF7リメイク版の新着情報を探っているのですが、気になったことが一つ。召喚獣システムってリメイクでもありますよね・・・?

色々と戦闘システムも変わるということなので、ぜひ消えて欲しくないんですよね。実際私は原作FF7では召喚獣をほとんど使いませんが、それでもやり込み要素として必要なシステムだと思っています。ですのでリメイク版でも召喚獣があるのかどうか調べていきます!

スポンサードリンク

 

リメイク版でも召喚獣システムはある?

結論から言うと、召喚獣システムはあります!

今の所公開されているトレーラーの中には召喚獣は登場しませんが、FF7をセブンイレブンで予約した場合についてくる特典として、ゲーム内で使用できる召喚マテリア「コチョコボ」があります。またスクエニ公式サイトから予約すると、同じようにゲーム内で使用できる召喚マテリア「サボテンダー」という予約特典が存在します。

ですのでこれらが存在している時点で、もう召喚獣システムはあるだろうと思います!

サボテンダーとコチョコボってどんな召喚獣なんでしょうかね。サボテンダーは味方全体にヘイストをかけつつ、敵全体にハリセンボンでしょうか。コチョコボの召喚獣が新たに存在すると、チョコボ&モーグリのマテリアの存在感が薄くなりません?

どんな感じの召喚獣なのか私、気になります!ので、情報が更新され次第また追記していきます!

ミッドガル編でも召喚獣が登場?

そしてここで疑問に思ったことがあります。

ミッドガル編で召喚獣出てくんの?って話です。

 

上記の予約特典のサボテンダーとコチョコボですが、それは第1部を予約した時に貰える特典です。そして第1部はオープニングからミッドガル脱出までのお話のはず。

そして原作では、初めて召喚マテリアを入手するのはミッドガルを出た後のチョコボ牧場でのチョコボ&モーグリです。次にジュノンでシヴァのマテリアと続きます。

 

ですのでミッドガル編の第1部の予約特典で召喚マテリアがついていると言うことは、原作と異なる部分です。

つまり、ひたすら殴る蹴る鬱だったミッドガル編でも召喚獣が出てくると言うことで、だいぶ戦闘が楽になるんじゃないでしょうか!それにかなりダイナミックな召喚獣の行動を期待しています!

 

FF10みたいに召喚すると一定時間その召喚獣を操作して戦闘をするのか、それともクラウドたちが殴る蹴るをしている間に横からサポート的に攻撃をしてくれるのか謎が多いです。あっ、でも後者の場合にはフレンドリーファイアとなる可能性が高いですね。

これまでにない画質の良さでリアリティもハンパないために、これまでのゲームのように味方だから攻撃は当たらないと言う神理論は通用しないでしょう。ですのでサポート的な攻撃ではなく、召喚獣が場に出ている間はクラウドたちは下がっていて、召喚獣に戦闘を任せるようなシステムになりそうです。

これまでに明らかになっている召喚獣

そしてこれまでに明らかになっている召喚獣は以下の召喚獣です。

サボテンダー

FF6で登場して以来、毎シリーズ登場している奇跡のモンスターです。

固定1000ダメージを与えてくるハリセンボンを使ってくる上に、回避値がバカ高いので基本攻撃はあたりません。6のリメイク版では召喚獣ジャボテンダーを呼び出す鍵として存在しており、とにかく素早さが上がるため重宝された召喚獣です。

FF7では出てこない、と言う方もいますが、実は出てきます笑。

 

マップ左下にサボテンアイランドというところがあり、そこでのみエンカウントできます。普通にやっていれば行く必要のない島ですので、知らない方も多いようですね。

ゴブリンアイランドはゴブリンパンチをラーニングするために行くこともありますが、サボテンアイランドには本当に行く必要がないです。

そんな奴が今回は召喚獣として登場します!1000ダメージがどれくらいのダメージなのか、HP計算式を早く知りたいですね!

コチョコボ

完全にチョコボ&モーグリの存在価値を下げることになるだろう召喚獣です。

女性ファン向けに可愛らしさを前面に出してきたのでしょうか。でも確かに可愛いので、ゲーセンでコチョコボのぬいぐるみがあれば、3000円までなら出してもいいと思います。それでもダメならゲーセン店員に賄賂を渡し、何としても入手したいと思います1

どのような技を発動できるのか今の所不明ですが、可愛いからまあいいでしょう。

カーバンクル

カーさんはFF6でもお会いしましたね。

そのほかにもシリーズによって、敵モンスターだったり「僕に勝てれば力を貸してあげるよ」的な幻獣だったり、様々なパターンが存在します。一方でFF7リメイク版では召喚マテリアがとして登場するため、最初から使えるお助け召喚獣的な扱いなのかもしれませんね。

なんとなくぷよぷよ通の真ん中で踊っているあいつを思い浮かべてしまいますが、別人です。

https://dic.nicovideo.jpより引用

まとめ

2019年7月12日段階で登場が確定している召喚獣はまだ3体。ここから鬼のように増えてくるのは間違いありません。

問題はどれくらい増えるのかということ。そしてどのように戦闘に貢献してくれるかということです。FF7原作のように、仲間たちに変わって召喚獣の効力を発揮してくれるのか、FF10のように単体でちと戦ってくれるのか、それともそのfusionした形なのか。

まだわからないことが多いですが、とにかく召喚獣システムがあってよかったです。おそらくミッドガル編からすでに召喚獣を使えることになると思いますので楽しみにしています。

おそらく制作チームはナイツオブラウンドをどう演出するかで頭を悩ませていることだろうと思いますが、最高の演出を期待しています!よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA