【FF7】ユフィのジュノンでの出現確率が低すぎた件について

どうもこんにちはクジャタです。

FF7、もといユフィさんについての情報を主にまとめてきたこのブログですが、最近はユフィさんに関する記事が少なくなってきたように感じます。ですので今回は初心に戻り、ユフィさんと最も遭遇しやすい森を調べてみました。

ユフィファンとしては、できる限り早い段階で仲間にしたかったのですが、今回は世界中の森を探検するため、あえて仲間にしない状態でハイウインドを使える状態までストーリーを進めました。ジュノンで仲間にしなかったのは初めての経験なので、単純にエンカウント率だけでなく、新たな発見がありました。

ユフィが出現する場所

既にご存知の通り、ユフィさんはFF7の中では隠しキャラです。つまり普通にプレイしていても仲間にすることはできません。詳しくは他の記事で紹介しているので、そちらを参考にしてください。

簡単にいうと、ユフィさんと出会うためにはフィールド上の森エリアをうろうろしているとランダムにユフィさんとエンカウントするので、それを倒して、正しい選択肢を選ぶというのがユフィさんを仲間に加入させるための手順になります。

一説によると、ウータイに近い森の方が出現する確率が高いという噂もありますが、それが間違いであったことが今回の実験で判明しました。ですのでユフィさんとエンカウントしやすい森はどこなのか。私の実験結果をご覧ください。

今回の実験に当たって、以下の準備を行いました。

実験目的:ユフィさんと遭遇する確率が一番高い森がどこなのかを突き止め、エンカウント率をはっきりさせる。

手順:①ユフィを仲間にしない状態でハイウインドを入手する。
②各地の森を散策し、ユフィと5回エンカウントした時点での総戦闘回数を出し、その数をユフィとの遭遇回数で割る。
③ユフィとの遭遇率を判明させる。

という手順でユフィとのエンカウント率が一番高かった森を発表していくという流れです。正直なかなか時間がかかりましたが、それでも数値で把握することができて、自分としても良かったかなと思います。それでは、私の研究結果をどうぞ!

ジュノン周辺

実験日時:2019年6月22日(土)0:48

総戦闘回数44回 ユフィエンカウント率8.8

遭遇1回目 6回目
遭遇2回目 3回目
遭遇3回目 11回目
遭遇4回目 23回目
遭遇5回目 1回目

というわけで、ユフィさんと最も早い段階で出会うことができるジュノンエリアでは、5回遭遇するために44回のエンカウントを行う必要があります。ですので結論から言うと、44割る5ということで、8.8%という遭遇率になりました。確かに体感的にもこれくらいだよなと思いました。

ミディール周辺

実験日時:2019年6月23日(日)17:06

総戦闘回数6回 ユフィエンカウント率83.3%

遭遇1回目 1回目
遭遇2回目 1回目
遭遇3回目 1回目
遭遇4回目 2回目
遭遇5回目 1回目

次にクラウドくんが魔晄中毒の状態で発見された悲劇の村ミディールを囲むように存在する森での検証結果です。既に結果をご覧の通り、かなりエンカウント率が高かったです。というかほとんどユフィさんとのエンカウントでした。いつもはミディールに来る時にはもうユフィさんが加入しているので、このような結果になるとは知りませんでした。

ユフィさんはミディール周辺でも元気に活動をしているようです、

ゴブリンアイランド周辺

実験日時:2019年6月23日(日)17:24

総戦闘回数7回 ユフィエンカウント率71.4%

遭遇1回目 2回目
遭遇2回目 1回目
遭遇3回目 1回目
遭遇4回目 1回目
遭遇5回目 2回目

ゴブリンアイランドという場所をそもそもご存知でしょうか?アイシクルロッジのある大陸から西に浮かぶ孤島であり、特に村や町もない。さらにストーリー進行上いく必要のないまさに絶海の孤島です。敵のわざゴブリンパンチを持つゴブリンが出現するために、敵のわざコンプ目的で行くか、彼から盗めるゼイオの実のため以外には上陸する必要のない島です。

そしてこんな何もない島でも森がある、すなわちユフィが出現する可能性があるということで、実験をしてみた結果、なかなかたかい割合でユフィさんと遭遇しました。そもそもどうやってここまで来たんでしょうかね?やはりゼイオの実を盗みまくって転売する目的だったのでしょうか?

アイシクルエリア周辺

実験日時:2019年6月23日(日)17:35

総戦闘回数0回 ユフィエンカウント率0%

以前忘らるる都に行く時に経由した、ホーンビレッジ周辺での実験でしたが、メテオ襲来後に訪れてみたのですが、まさかのエンカウントしませんでした。これはユフィさんだけでなく、通常のモンスターとも一切エンカウントせず、エンカウントオフになっているのかとも思いましたが、しっかりエンカウントオンになっていました。

ですのでメテオ襲来後はホーンビレッジの森ではエンカウントはないようです。

ゴンガガ周辺

実験日時:2019年6月23日(日)17:38


総戦闘回数13回 ユフィエンカウント率38.4%

遭遇1回目 1回目
遭遇2回目 1回目
遭遇3回目 3回目
遭遇4回目 3回目
遭遇5回目 5回目

ザックスさんの故郷であり、今ではメルトダウンした古い魔晄炉があるだけの何もない村。過去にはタークスと戦闘になったこともありますが、必殺のマテリアとタイタンのマテリアのためだけに訪れる本当に何もない村です。

そしてそんなところにもマテリアハンターのユフィさんが出現するのです。最初の2回エンカまではすぐに出てきたので、またミディールパターンかとも思いましたが、3回目以降は少しずつエンカウント率が下がり、最終的に38.4%という結果になりました。

とはいえ、およそ3回に1回はエンカウントするため。わりかし高い割合でエンカウント出来ると思っていいでしょう。

ロケット村周辺

実験日時:2019年6月25日(月)0:54


総戦闘回数15回 ユフィエンカウント33.3%

遭遇1回目 2回目
遭遇2回目 4回目
遭遇3回目 3回目
遭遇4回目 4回目
遭遇5回目 2回目

そして最後になりますが、シドさんと初めて出会ったロケット村の手前にも森がありますので、ここでも実験をしてみました。

結論から書くと、他のエリアに比べてエンカウント率は低かったです。ここもゴンガガエリアとほとんど変わらない数値になりましたが、数値で見ると一番低いですね。ですのでロケット村周辺でのユフィエンカウント率は低いという結果になりました。

ユフィとのエンカウント率が最も高いのは

以上の実験により、ユフィさんと最もエンカウントしやすい森は、ミディールエリアの森ということが判明しました。

意外な結果になりましたね。ユフィさんは人の多いところが好きなのかなあと思っていましたが、実際には田舎村周辺を拠点に活動していることがわかりました。以下出現率ランキングです。今後の参考にして下さい。

1位 ミディール周辺 83.3%
2位 ゴブリンアイランド 71.4%
3位 ゴンガガエリア 38.4%
4位 ロケット村周辺 33.3%
5位 ジュノンエリア 8.8%
6位 アイシクルエリア 0%

というわけで、ユフィさんと一番早く出会いたいという方は、ぜひミディールに行きましょう!これ間違い無いです!

一方で、早い段階でユフィさんと一緒に旅をしたいという方は、少し出現率は下がりますが、ジュノンエリアで頑張ってエンカウントしてみてください。

なぜここまでジュノンエリアのエンカウント率が低いのか、おそらくですが、ユフィは隠しキャラですので、そんな簡単に遭遇させないぞということなんでしょうか。ですので最初にエンカウント出来るジュノンエリアではまだエンカウントさせないでいたのですが、後半になるにつれてユフィさんを仲間にできる可能性が下がるので、制作側が焦ってエンカウント率を高めたのかなあと思います。

ウータイに近い森がユフィが出現しやすい?

昔からよく言われてきましたが、ウータイからの距離が近いほどユフィが出現しやすいという説がありました。

私は基本的にジュノンエリアで仲間にしているので、実際どうなのか知りませんでしたので、今回の実験結果をもとに調べてみました。まずはFF7の全体マップをご覧ください。

https://www.ffdq.com/ff7/map2.htmlより引用

この表を見ると、ウータイエリアから近い順にロケットポートエリア、ゴンガガエリア、ジュノンエリア、ミディールエリア、ゴブリンアイランドとなっています。ですので本来であれば、この順番にエンカウント率も上がるように感じますが、むしろ逆のようなランキングになっています。

ですので昔から言われてきた、ウータイから近い森でユフィが出現しやすいというのは真っ赤な嘘であることが判明しました。

リーダーがクラウドでない場合

今回この実験をして気づいたことがあります。

毎回ジュノンエリアでユフィを仲間にしていたので、クラウドがリーダーの時しかユフィと遭遇したことがなかったのです。しかしFF7にはストーリー進行上、ティファがリーダーの時、シドがリーダーの時があります。その限られたタイミングでユフィとエンカウントするとどのような違いがあるのか、そもそも違いはあるのかどうか、今回知り得た違いをご紹介します。

まずは通常版。クラウドがリーダーの場合はこうです。

「やい、このツンツン頭!
もう1回、もう1回勝負だ!」

→いいだろう
→興味ないね

 

「あたしの強さにビビってんだろ!!!」

→・・・まあな
→何度やっても同じだ

 

「ほんとに行っちゃうからね!
ホントのホントだよ!」

→ご自由に・・・
→ちょっと待った

 

「このあたしに一緒に来てくれと!
そういうこと?」

→・・・そういうこと
→じょうだんじゃない

となりますが、これがリーダーがクラウドでない場合には、そのリーダーに合わせてセリフが若干変わります。

ティファがリーダーの場合

「やい、このオッパイ女!
もう1回、もう1回勝負しろ!」

→言ったわね!
→やめておくわ

 

「あたしの強さにビビってんだろ!!」

→・・・まあね
→あなたには無理よ

 

「ほんとに行っちゃうからね!
ホントのホントだよ!」

→ええ、どうぞ
→ちょっと待って!

 

「このアタシに一緒に来てくれと!
そういうこと?」

→・・・そういうこと
→そんなわけない!

 

「よし、わかった!
アンタらについてってやるよ!」

→あなた、名前は?
→さ、急ぎましょ!

シドがリーダーの場合

「やい、このガニマタオヤジ!
もう1回、もう1回勝負だ!」

→ボコボコにしてやる!
→やなこった

 

「あたしの強さにビビってんだろ!!」

→そういうこった
→やるだけムダだぜ

 

「ホントに行っちゃうからね!
ホントのホントだよ!」

→とっとと消えろ!
→・・・待ちやがれ!

 

「このアタシに一緒に来てくれと!
そういうこと?」

→・・・そういうこった
→何言ってやがんでえ!

 

「よし、わかった!
アンタらについてってやるよ!」

→おめえ、名前は?
→早くしねえとおいてくぞ!

これもすごいですよね。ティファやシドがリーダーの時にユフィと遭遇することを想定していたんですかね。

オッパイ女とガニマタオヤジパターンがあったんですね、私も全く知りませんでした。そういえばユフィさんなしでハイウインドまでストーリーを進めたのなんて何年振りでしょうか。普段しないことをすると新たな発見があっていいですね。これまでのプレイはある種ルーティンになっていたのかもしれません。

ここでこのアイテムをとって、このボスはこうやって倒してあのアイテムをドロップして・・・といったように、毎回同じプレイをしていたのかもしれません。ですのでまだ他にも気づいていない部分があるはずなので、普段しないプレイをしてみようと思います!

まとめ

ユフィさんとエンカウント率が高い森がついに判明しました。

最もエンカウント率が高いのは、ミディールエリア。ウータイから近い方が出現しやすいというのは都市伝説であり、実際にはかなりの距離があるミディールエリアやゴブリンアイランドの方が近いロケット村よりも高い数値を叩き出しています。ですので意外な結果となりましたが、今回の実験を行なって新たな知見が得られて良かったと思っています。

それに何より、ジュノンでユフィさんを仲間にしなかったことで、なんとなくプレイのテンションが上がらず、とにかく早くハイウインドを手に入れようとしてしまいました。ですので取るべきマテリアをとらなかったり、ヴィンセントも仲間にしなかったり、とにかく時短プレイをしてしまいました。このことより、ユフィさんへの愛情の強さを確認することができたので、それもこの実験をして良かったと思う部分です。

ですのでユフィさんと早くエンカウントしたい方は、ミディールへ行ってください!

ということで、私がスクエニさんに対して思うことは一つだけ。

早くリメイク版でもユフィさんを出してください。いつになったら会えるのか、公式発表お待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA