FF7クラウドのティファ・エアリス論争も今日で終了やぞ

どうもこんにちはクジャタです。

ゴールデンウィークも終わり、完全なる5月病になっております。4月初めに転職してすでに辞めたくなってしまったことはまだ周りには言えていないのですが、着実に退社の意思が固まっているのを感じます。あとはタイミングの問題ですね、もちろん今すぐではないですけどね!

さて、会社の書類作成は後回しにしてかねてより書きたかったFF7の記事を書いていきます!今回は個人的にヒロインを決めていこうと思います。このブログのタイトルからなんとなくオチが見えているかもしれませんが、そこは無視してご覧ください!

FF7のヒロイン

基本的にFFシリーズの中には必ず美女キャラが出てきますよね。私の好きなキャラでいうとリディアやリルム、そしてユフィさんにリュックなど。自分で書いてみて驚きましたが、みんな未成年ですね。色々と気をつけますね。

そしてFF7の中にも可愛いキャラがたくさん出てきますので、それぞれのキャラを推す人のご意見をまとめていきます。

エアリス派

22歳

アイシクルロッジ出身(のちにミッドガルに移住)

85-61-88(推定)

通常の人間とは違い、古代種セトラの血を引く女性であり、茶髪にロングスカートであり、時折見せる谷間がクラウドだけでなく我々視聴者からの人気をかっさらっていくことも間違いない。そしてウブなティファに対して、クラウドにもザックスにもわりとぐいぐいと攻めてくる正確なお姉さんタイプであり、ここも奥手な男子からの人気を博している理由でもあると思います。

クライシスコアで明らかになりますが、クラウドと関係の深いザックスとも親交があり、その姿をクラウドに重ねている部分もあります。もちろんクラウドがザックスの所作を真似していることもその理由ではありますが、クラウドに惹かれてしまうのも仕方がないのかもしれませんね。

作中では初対面の段階でわりと好意的に接してくる上に、「デート1回!」など、女性に免疫がない男性においては殺し文句とも取れるセリフであったり、「私、あなたを探してる・・・」などポエマーかつ含みのある告白めいたセリフを連発してくれるため、わかりやすく好意を出してくれるお姉さんなのです。

ここまでが私の主観的な説明になりますが、簡単にいうと好意を隠さずに全力でクラウドに迫ってくる美人のお姉さんといったところでしょうか。この恋愛慣れした感じと自分の価値を知っていながらそれを鼻にかけないところが男性人気が高い理由なのだと思います。しかし私の知り合いの女性ゲーマーは「エアリスは女から嫌われるタイプだね」と言ってました。

なんとなくその理由もわかります。エアリスが美人であるからこそ起こる現象なのだと思います。要するに、嫉妬ですねきっと。まあその子もなかなか女から嫌われてるので、なんとも言えませんけどね。

ティファ派

20歳

ニブルヘイム出身(のちにミッドガルに移住)

92-60-89(願望)

FF7を代表する爆乳キャラであり、主人公の幼馴染であり、物語後半でクラウドと朝チュンをかましてくる恋愛下手なハタチの女子。

最初からクラウドとは一緒におり、神羅により滅ぼされたニブルヘイム出身であり、セフィロスの暴走時に憲法の師匠であるザンガンにより、ニブルヘイムから遠く離れたミッドガルになぜか連れてこられた数奇な運命を持つ少女です。セフィロスに切られた傷をろくに処置もしないでかなりの距離を歩かせるなんて、なかなか理解できないです。コスモキャニオンの方が近いし、しっかり治療もしてくれそうですけどね~と思うのは私だけではないはず。

少年期のクラウドのことを知っており、そしてクラウドがミッドガルに旅立ってからもミッドガルで奇跡的に再開し、その後神羅と切れたクラウドをアバランチに紹介し、再度行動を共にすることになります。アバランチに紹介した理由も一緒に居たかったからよりも、クラウドの言動が気になったからという方が大きいのです。この辺は別記事で紹介していますので、またご覧ください。

色々とクラウドの言動に期になる部分があるようですが、同じニブルヘイムの生き残りということでクラウドには特別な感情があるようです。ミッドガルの駅のホームであったときには恋愛感情はなかったように思いますが、旅を続けていくうちに次第に恋愛感情に変わるというわけです。

ティファさんもなかなかハードな人生を過ごしてきたこともあり、思春期に恋愛をしていたのかどうかは不明ですが、なかなか積極的ではありません。この辺はエアリスにクラウドを持っていかれがちでしたね。ティファさんもクラウドに好意を持っているのですが、なかなか表に出すことができずいたように感じます。その理由として経験がないからというのもあると思いますが、それ以上に自分に自信がないからかな?と思います。

例えば神羅ビル非常階段を登るとき、途中でミニスカのティファが突然立ち止まり、バレットとクラウドを先に行かせるシーンがありました。散々カイデーなパイオツを普段から見せているのだから、別にパンツくらい気にしなくていいだろwと思いますよね。

やはりある程度露出が多い方というのは自信に満ち溢れているように思いますので、ティファさんはその辺がまだ中途半端ですね。服装と体つきは自信に満ち溢れているのにもかかわらず、クラウドへの攻め方が弱い。この辺の矛盾が気になるところですが、経験を踏むことでさらにティファの女としての魅力も増してくることでしょう。私はティファみたいな女性は浮気しなそうなので好きです笑。

ユフィ派

さてお待たせしました。

FF7で一番可愛いのはユフィ・キサラギさんです。これは文章を書き始める前から決まっていました。決してオチのためにユフィさんを最後に持ってきたわけではなく、私の意見として、ユフィさんが絶対的王者なのです。ではでは、ユフィさんの簡単なプロフィールを見てみましょう。

16歳

ウータイ出身

81-57-83(ガチ願望)

ウータイ出身の超絶可愛い女の子であり、実はウータイ指導者ゴドー様の御子女であらせられる方です。

クラウドとの出会いは森の中。ある日いつものようにキャッパワイヤの地走りを食らいながらリミット技をためていたところ、突然現れた美少女。申し訳ありませんが全力で叩き潰して差し上げたところ、金を奪われながらも仲間になってくれるということに。仲間にしなくても物語は進められるのでユフィさんのために準備されているセリフが少ない気がしますが、少しばかりのセリフがどれも可愛い。

「あたし」という一人称もユフィのためにあるのではないかと思わんばかりの可愛さであり、ユフィさんが魔法を放つときのモーションがこの上なく私のツボなのです。当時の彼女にユフィのコスプレをさせようかとも思いましたが、偶像崇拝はやめようと思いつき、その思いつきは決行には至っておりません。まあ興味はあるのでアマゾンで欲しいものリストに入れてはおりますけれども笑

私と同じ乗り物酔いですし、何かと勝気でシュシュシュと素振りをする癖だったり、恋愛に関する話を一切しないのにも関わらず、クラウドの部屋に迎えに来る時の照れた感じだったり。二人でゴールドソーサーで遊ぶなんてことは、それまでクラウドのことを、いや男に興味があることを匂わせるセリフゼロだったことを考えるとそのギャップにまた萌えを感じます。

そしてゴンドラに乗った時には、ユフィ様からご褒美のキスをしていただける神イベントもあります。その時のセリフがまた可愛いもんです。

突然立ち上がり、クラウドにキスをしたあとで・・・

「そういうフンイキかなって思ったわけよ」

そして童貞クラウドさんは無言に。

「なんとか言ってよ~!」

「ナントカ」

という神イベントがあるのです。とてつもなく萌えなイベントですが、この部分に関して私が一点だけ修正していただきたい部分があります。それはですね、ユフィさんのセリフです。

「そういうフンイキかなって思ったわけよ」とありますが、これを「そういうフインキって思ったわけよ」にして欲しいのです。そうです、雰囲気の読み方はふんいきですが、ユフィさんくらいの年齢だったら大抵はフインキと間違えて読んでいる方がほとんどです。それにユフィさんはあまり勉強をしているようなイメージもないので、おそらく実在すればフインキと読んでいるだろうという推測です。

ですのでそこもリアリティを追求してもらえればと思うばかりです。ぜひPS4では「そういうフインキって思ったわけよ」に変更して欲しいなあと、思っておりますスクエニさん!

このように、それまで女の子らしい言動もなかった人もかかわらず、突然にデレてくる感じ・・・私大好きなのです。これからも多くのキャラと出会うことと思いますが、ユフィさんを常に頂点に生きていこうと思います。

FF7のヒロイン第1位

私個人的にはユフィ・キサラギさんが究極ヒロインなのですが、正直ここは人によるものだと思っていますので、ここで決めることは不可能なのです。

ですので私のようにJKツンデレ元気っ子が好きな方であればユフィさん、ウブ爆乳が好きなのであればティファさん、お姉さんにグイグイ引っ張っていって欲しいのであればエアリスさんがお似合いなのかなあと、個人的に思っております。ダークホースとしてイリーナさんもいらっしゃいますので忘れずにね。

ということで、このブログでは絶対的にユフィさんが君臨しておりますので、ヒロインはユフィです。ぜひ二人一緒にゴドー様にご挨拶に行きたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA